薬品卸の薬剤師の年収

薬品卸の薬剤師の年収

薬剤師の資格を活かして働ける職場の1つとして薬品卸会社があります。薬品卸会社とは製薬会社とは異なり、製薬会社から医薬品または医薬部外品を仕入して、仕入れした商品を病院やクリニックや薬局などに直接販売する会社になります。薬品卸会社では直接医薬品などを開発するということではありませんが、薬品卸会社として営業する場合は、必ず管理薬剤師を1人以上おくことが薬事法によって定められているため、薬品卸会社に薬剤師は必要不可欠な存在となっています。

このように薬剤師が薬品卸会社に勤務する場合は、薬剤師としての資格を求められて入社することになるため、他の一般の社員よりも年収が高くなる傾向にはありますが、薬品卸会社で高年収を稼ぐためには管理薬剤師のポジションに付かなければいけなくて、薬品卸会社の管理薬剤師の年収はもちろん企業によってもかなり違いはありますが、平均では600万円から700万円となっています。トータル的な薬剤師の平均年収は500万円程度となっているため、薬品卸会社の薬剤師は一般の薬剤師に比べて平均年収は高めになっていますが、薬品卸会社の薬剤師を希望する理由としては年収の高さだけではなく、薬剤師をしての資格や知識を十分に発揮することができる職場であるというのも大きな要因となっているようです。

薬品卸会社で行う仕事内容は、勤務する会社によってもかなり異なる場合もありますが、一般的には薬品の在庫管理や品質管理やデータ処理の他にも、仕入れ先である製薬会社と販売先である医療機関などとのパイプ役も行うこととなります。その他にも薬剤師の知識を活かして社内での勉強会やセミナーを開催しなければいけない場合や、社員教育業務を任されることもあります。

さらに薬品卸会社の薬剤師は、仕入れをする新しい薬が本当に販売可能かどうかの判断も任されていて、さらに麻薬や劇薬などの特別な薬の管理も行う必要もあり、そのためには薬事法を把握している必要があり、その意味においても非常に責任がある仕事であると言えるでしょう。

このように薬品卸会社で働く薬剤師には、仕入れ先や販売先のパイプ役になったり社員教育を行うための高いコミュニケーション能力が必要となり、さらに新しい薬の知識や薬事法に関しても日々学ぶことが必要になるのでかなり大変な仕事となっていますが、その分とてもやりがいがあり、薬剤師の仕事の中でも非常に人気の高いものとなっています。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.