薬局長の薬剤師年収

薬局長の薬剤師年収

薬局長の薬剤師年収は平均で700万円〜900万円ほどです。このように幅が大きいのは薬局長が勤める施設の規模がバラバラだからです。たとえば薬局長が勤める施設は、病院の中に設置されている調剤薬局と、独立して建っている薬局に分けることができます。病院の中に設置されている調剤薬局は総合病院といった大規模な施設におけるもので、外来患者や入院患者への医薬品の処方を行っています。総合病院の調剤薬局は薬剤部という部署で管理されるのですが、薬局長はそこのトップの役職です。そのため、独立して建っている薬局の薬局長と比べるとかなり責任や待遇に違いがあります。

総合病院の薬局長の場合、その総合病院の規模がダイレクトに年収に影響するようになります。400床以上では平均年収は900万円前後、200〜399床では平均年収は750万円前後、それ以下だと平均年収は650万円前後です。このため、400床以上の総合病院の薬局長になることができれば、年収1,000万円以上も夢ではないということです。このように薬局長は医療施設という比較的高給な職場の中でもかなり高い年収を得られる役職といえます。ちなみに総合病院の薬局長は「薬局部長」と呼ばれることもあります。

ただし、病院内ではなく、独立して立っている薬局の薬局長では上記ほどの年収は得られません。大体は上記の200床以下の総合病院の平均年収である650万円前後あたりが同様に平均年収となります。

独立して立っている薬局の薬局長になる時に注意しなければならないのは、薬局長と管理薬剤師の違いです。薬局長はその薬局の店舗の責任者となる役職で、勤怠管理、本部との情報伝達、トラブル対応といった店舗を運営していくにあたり必要なことを業務として行います。ちなみにこの薬局長は薬剤師の資格を持っていなくてもOKです。それに対して管理薬剤師は薬局で扱う薬剤や処方の責任者であり、薬局長と比べると専門性が高まります。薬剤師の資格を持っていなければ務めることができず、経営者と同等以上の立場を持つことになります。

この2つの役職はまったく別のものなので、年収に関しても同様に扱うことはできません。そのため、薬局長のことを扱う時に管理薬剤師と混同しないように気をつけてください。ただし、かなり小規模な薬局においては薬局長が管理薬剤師を兼任するケースもあります。その場合は2種類の責任を持つ分、普通の薬局長よりも年収が上がる可能性があります。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.