東京の薬剤師年収

東京の薬剤師年収

薬剤師は国家資格で薬学に関する高い専門性とスキルを持ち、病気を治す治療や新しい薬の開発といった職業性から多くの人と社会に貢献できる職業です。薬の専門家としてのプロフェッショナル性、堅実で一生のライフワークにできるため人気が高い仕事です。 年収に関しても決して低い水準にはなく、薬剤師の平均年収は約500万円、月給35〜37万円で安定して推移しています。薬剤師の年収は勤務先や職種によって差があり、主な勤務先で比較すると製薬会社>ドラッグストア>調剤薬局>病院の順に薬剤師年収は高くなり、これに加えて地域による年収差も見られます。

 医師や薬剤師などの医療従事者の場合、地方の田舎や僻地では医療スタッフ不足が深刻で、常に人材が枯渇している状態です。そのため僻地に勤務する薬剤師では、平均を上回る高額の年収 を得ている人もいるようです。慢性的な人手不足の地域・僻地医療に携わるためその負担は大きく、生活の不便さもあって仕事と生活は心身ともにハードなものになりますがその分、高収入を見込むことができるようです。 僻地の薬剤師の年収が高いからといって、東京や都心の薬剤師の年収が低いわけではありません。 東京の薬剤師年収は調剤薬局薬剤師で約500〜600万円は堅く、平均年収よりやや高い年収が一般的です。基本的に調剤薬局、病院、ドラッグストア、製薬会社の他、化学品・化粧品・食品の販売製造を行うメーカーの研究所、新薬開発を担う治験会社、大学や研究機関もなど、薬剤師の働く職場が多い、東京ならではメリットがあります。働く職場の選択肢が多ければ当然、当然高い年収を得るチャンスも増え、東京は薬剤師の年収UP、キャリアUPにこと欠かないエリアであることは間違いありません。

 薬剤師の年収はどの職種も約400万円前後からスタートし、勤続3〜5年ぐらいから薬剤師平均年収の500万円台になり、その後は勤続年数や役職に就くことで変動してきます。高収入が見込まれるのは製薬会社で大手製薬会社、成果主義の営業職、優秀な研究者などでは年収800〜1,000万円、ドラッグストアの店長クラスになると年収700万円を超える収入があるようですが、大手製薬会社や薬を売り込む大病院、全国展開するドラッグストアがあるのも東京・都心になります。  薬剤師飽和時代と言われてもチーム医療の一員としての存在意義、治験という新しい職業分野、幅広いフィールドで活躍できる可能性が薬剤師にはあります。東京にはそんな薬剤師の存在価値を見出すチャンスがたくさんある場所です。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.