都道府県別の薬剤師年収

都道府県別の薬剤師年収

都道府県別の薬剤師年収についてですが、やはり年収が安定して高いのは大都市の都道府県となります。特に東京や大阪などは高年収を狙うのに最も適しているといえるでしょう。ただし、年収はあくまでも勤務する職場の給与条件に左右されるので、「東京や大阪ならどこで薬剤師をしたとしてもトップクラスの年収を得られる」というわけではありません。

特に東京や大阪といった人の集まる地域では薬剤師が多く集まりすぎて、人材が不足しないというケースがあります。人材が飽和している場合、それほど収入を高くしないようにする流れが出てくるので、高年収の求人が見つけづらくなります。そのため、選ぶ職場によっては地方の都道府県の薬剤師の方がすぐに高年収になれる可能性もあります。

地方の都道府県の薬剤師になるならどこがいいかといえば、静岡県や群馬県、それから九州にある県がいいです。これらの県は薬剤師年収が高いことで有名です。なぜ薬剤師年収が高いかというと、高齢者が多いわりに薬剤師の数が少ないからです。

全国の薬剤師の平均年収は500万円〜550万円程度です。そのため、これ以上の年収に届く都道府県であれば薬剤師としては十分に稼げるといっても過言ではありません。静岡県や群馬県の薬剤師は年によっては平均年収600万円を超えることもあるので、給与面に不満が出ることはほとんどないでしょう。

薬剤師の職場には製薬会社や病院、ドラッグストア、調剤薬局といったものがあります。この中で最も平均年収が高い職場は製薬会社です。特に大手の製薬会社となると商品の研究や開発に薬剤師の力を借りることになるので、それだけ優れた待遇を用意しています。

そのため、製薬会社の求人が多い都道府県はたとえ全体の平均年収が低かったとしても、高年収を狙いやすいはずです。もし薬剤師の平均年収が低い都道府県で働くことになったのであれば、製薬会社の求人を重点的に探すのがいいでしょう。ちなみに製薬会社の次に平均年収が高い職場はドラッグストアで、その次に病院、調剤薬局となります。

高年収の都道府県・職場で働くことができたとしても油断は禁物です。というのも、それからすぐに退職してしまうケースも考えられるからです。退職すれば収入がなくなりますし、昇進や昇給、手当などの年収アップに繋がるチャンスを潰してしまうことになります。そのため、何とか長続きするようにして高年収を維持することが大切です。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.