定年後の薬剤師年収

定年後の薬剤師年収

定年後の薬剤師年収は平均300万円〜500万円になります。薬剤師全体の平均年収が500万円〜550万円程度であることを考えれば、どうしても落ち込む形になります。定年前と比べると物足りない感じがありますが、定年後に働けるということ自体幸運なので、割り切るようにしましょう。

なぜ定年後の薬剤師年収が低くなるかというと、その年齢の人材に対して重要な仕事を多く任せられないこともそうですが、再就職先の選択肢が限られることも大きな理由のひとつです。基本的にどのような薬剤師の求人でも年齢制限がかけられています。そしてその年齢を超してしまった場合、応募すること自体が不可能になってしまいます。年齢制限がかかっていない求人、または定年後の薬剤師の応募も受け付けている求人となればごく一部になり、そうなれば当然高年収などといっていられる余裕はなくなるわけです。

定年後の薬剤師を受け付けている求人の多くは調剤薬局勤務のものです。調剤薬局勤務は薬剤師としては最も平均年収が低い職場となっています。基本的にそういった職場を再就職先にするしかないのが現状なので、自然に定年後の薬剤師平均年収は落ちていきます。

しかし、定年後だからといって絶対に低年収に甘んじなければならないというわけではありません。特に近年は日本の高齢化により、定年後も働きたい薬剤師が増えていますし、それを受け入れようとする職場も増えています。そういった業界の流れをうまく利用することができれば、納得のいく年収を維持することも可能でしょう。

たとえば企業内薬剤師に再就職すれば年収はそれほど下がることはありません。企業内薬剤師は若い年齢の薬剤師ですら転職しづらく、定年後の薬剤師となればなおさらですが、まったく可能性がないわけではありません。数が少ないといえど根気よく探していけばいつかはチャンスが回ってきます。

それから精神科の病院も狙い目です。精神科というと働きにくいイメージがありますが、実際はそのようなことはなく、綺麗な施設であることが大半です。年収が高めなだけではなく、専門的な知識も身につくので、一石二鳥の職場といえます。しかも精神科の病院の求人は年齢をあまり気にしない傾向があります。

定年後に高年収を維持するにはそれまでの実績やスキル、資格なども重要ですが、社会人マナーを守ったり、協調性を持ったりすることも忘れてはなりません。基本ができてこそ企業は人材を雇おうとするものです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.