薬剤師年収と手当

薬剤師年収と手当

手当は薬剤師の年収に大きな影響を与えるものです。なぜなら年収というのは給料、手当、ボーナスを合計した額で算出されるものだからです。意外に軽視されがちですが、手当の条件次第で年収が大きく上下することもありえない話ではありません。

たとえばどのような手当があるかというと、まず基本給を知っておく必要があります。基本給は短期間では変化することのない最も基礎的な収入です。経験を積んだり、年齢が上がったりすることで基本給は上がっていきます。昇給やボーナスの額はこの基本給を参考にしながら決められます。そのため、基本給の額が低すぎないかをチェックしておくことは大切です。

それから薬剤師手当があります。これは資格手当とも呼ばれるもので、簡単にいえば薬剤師の国家資格を有することに対する手当です。基本給は社員なら誰でも受け取ることができますが、薬剤師手当を受け取れるのはもちろん薬剤師だけです。薬剤師の年収に大きく響く条件なので、基本給と同様に要チェックとなります。

他にも役職手当があります。役職手当は単なる薬剤師ではなく役職についた時にもらえる手当のことです。具体的には管理薬剤師があげられます。この手当は会社によって額が大きく変化するので、高年収を目指すならできるだけ高い額の会社を選ぶのがいいでしょう。

職能手当も忘れてはならない手当です。これは職務を高い水準で遂行できる人材に与えられる手当です。基本的には経験年数をもとに手当の額が増えていきます。ベテランの薬剤師の場合、この職能手当が高年収の鍵を握っていることが多いです。

それから中でも重要なのが時間外手当です。これは簡単にいえば残業をした分の労働に対して支払われるものです。通常の時間内の労働よりもはるかに多くの額が支払われるので、残業を多くする人と残業をまったくしない人では同じ薬剤師でも年収が全然違います。しかし、薬局勤めの薬剤師の場合、繁忙期を除いて残業がほとんどないところが多いです。残業がないことはプライベートを充実させたい人にとっては非常に有益な環境ですが、高年収を目指すにはむしろ残業が多い職場を選んだ方がいいのです。

たとえば、残業が多い薬剤師の職場には企業があげられます。特に企業内で研究・開発を行うような仕事内容の場合、残業が少ないということはほとんどありません。また雇用形態にも左右されます。一番残業が多いのは正社員となり、それ以外の雇用形態は時間外手当に限らず、全体的に手当がもらいにくくなります。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.