スーパーマーケットの薬剤師の年収

スーパーマーケットの薬剤師の年収

2006年に大学の薬学部が6年制になり、2010年と2011年は新卒の薬剤師が誕生しないという空白期間でした。この間に薬剤師は一時的に人材不足になり、病院や製薬会社もある程度影響を受けたのです。そして2012年に新卒を何とかして獲得しようと初任給が跳ね上がり、新卒で600万円ほどの年収を提示する企業も現れました。これは研究機関や製薬会社よりも、スーパーマーケットやドラッグストアの人材確保のための方法です。新卒空白期間が過ぎた今も薬剤師は不足傾向にあり、しかも新しい人たちは研究開発に進むことを目指すことが多いので、スーパーマーケットやドラッグストアは、高い年収を提示して新卒を引き寄せようとしています。もちろん、中途採用であっても給与水準は高い傾向にあると言えるでしょう。

スーパーマーケットやドラッグストア勤務となると、パートタイムでも働けることが多いのも特徴です。とくに地方ではずっと薬剤師不足が続いており、お店を営業させるために必要不可欠な人材であるため、パートでもいいから来てほしいというところが多いようです。以前は時給1000円から2000円くらいだったのが、最近では時給3000円や4000円というところも出てきました。しかも引っ越し費用を負担するとか社宅を用意するとか、就職準備金も出します、という好条件も出ています。こうした良い条件は人材不足の今だからこそと言えますから、パートで働きたい人や地方の親元に戻って働きたい人など、良い就職先が見つかれば早目に検討しておくのが良いでしょう。しばらくは売り手市場が続くと思われますが、こうした傾向を受けて薬学部の学生が増えて、薬剤師も増えていけば、だんだんと収まっていくと考えられます。

スーパーマーケットやドラッグストアで働く場合、薬剤コーナーを取りまとめる責任者となる可能性もあります。他のサービス業と同じく、主任になったり管理職になったりすれば、当然年収もアップしていくと期待できます。正社員として就職すれば、年収700〜800万円になったり、中には薬剤師年収1000万円を超えたりするケースもあります。勤め先のお店の売り上げやお店の規模にもよりますが、会社全体で成長傾向にあるなら、給料も上がっていくことでしょう。薬学を勉強した人としては研究職を目指したいと思う人が多いですが、地元地域に住む人たちの健康に貢献でき給料も良いものですから、スーパーマーケットやドラッグストアで勤務することも検討してみてはいかがでしょうか。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.