シンガポールの薬剤師の年収

シンガポールの薬剤師の年収

現在日本では少子高齢化が進み、近い将来には人口が急激に減少すると言われています。このことを受けて日本の多くの企業は、内需成長が見込めない日本ではなく市場のターゲットをアジアの成長著しい国への進出を考えていて、実際に多くの企業が実行に移しています。

日本人がこれまで住んでみたい国や働きたい国と言えば、大抵はアメリカをはじめとした欧米諸国となっていましたが、今では近代化が進むアジア諸国で働きたいという人も多くなっていて、その中でもシンガポールはかなり人気があるようです。その証拠として、ある調査によるとシンガポールはアメリカに続き働いてみたい国の2位に挙げられているほどです。さらに高齢化社会が続く中で将来は物価が安くて治安が安定したアジア諸国に移住する高齢者も多くなっていて、その中でもシンガポールは非常に人気となっていて、すでに多くの日本人がシンガポールに移住しています。

さらにシンガポールに海外旅行に行く人も多くなっていて、現在では日本語対応の医療施設がシンガポールでは急増しているとの事です。これを受けてシンガポールから薬剤師の募集が出されるケースも多くなっていて、薬剤師の求人広告を見ると実際に外国語を話せなくても薬剤師として働くことができる職場が、シンガポールの日系クリニックなどから募集されています。

しかしやはり問題なのは、シンガポールで薬剤師をしていくらもらえるかということで、いくら現地での物価が安いからと言って、あまりにも安い年収では働きたくないという人が多いと思います。シンガポールでもらえる年収は、日本にいる時に比べると若干低くなるようですが、それほど極端に低くはなく、現地で生活するにはもちろん十分なほどの年収となっており、もし途中で日本に帰ってきたとしても、シンガポールにいる間は十分に貯蓄もできるため、海外で薬剤師として働きたいと思っている人にはおすすめであると言えるでしょう。

さらに今後のシンガポールの薬剤師の需要を考えた時に、アジア諸国では特に発展が著しいシンガポールですが、日本同様に高齢化は進んでおり、2030年には65歳以上の人口が2割に近づく数字になると試算されています。これにより薬剤師不足は深刻化すると考えられていて、今よりも薬剤師として働く条件は年収面では良くなることが期待できます。そのため、今後海外で薬剤師として働きたいと言う人にはかなり狙い目の国となることは間違いないでしょう。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.