新卒の薬剤師の年収

新卒の薬剤師の年収

現在日本ではどんどん高齢化が進んでおり、このままでいくと今から30年余りの2040年になると、地域によっては65歳以上の高齢者が人口の4割以上になる地域も出てくると言われています。さらに4割ではなくても、東京を含めてほとんどの地域で65歳以上の人口が3割を超えると試算されています。

こんな状況の中では、医師や看護師をはじめとして医療関係者の人手不足が問題となっており、当然薬剤師も今では売り手市場の職業となっています。将来的には薬剤師の需要もどんどん少なくなるとは言われていますが、2006年には大学の薬学部が4年制から6年制に移行したことにより、2010年と2011年には新卒の薬剤師がいなくなる状況となり、2012年にようやく新卒の薬剤師を雇用できる状況となり、新卒の薬剤師の争奪戦が現場ではかなり激しくなっていて、しばらくは薬剤師の需要は続くと言われています。

現在薬剤師の平均年収は500万円程度と言われていて、新卒の薬剤師の平均年収は350万円い程度となっていますが、薬剤師が働く職場というのはいろいろあって、職場によっては平均年収を下回るところもあれば、大きく平均年収を上回るところもあります。特に超売り手市場である新卒の薬剤師には、高収入を提示することで囲い込み作戦に出る企業も数多くあるのが現実となっています。

2010年と2011年に新卒の薬剤師を獲得することができなくなり、これまで人材不足に悩まされていた職場がかなりの高収入を提示することは当たり前となっていて、特に現在全国に急速に店舗数を増やしている大手ドラックストアの中には、新卒の薬剤師の平均年収どころか、全ての薬剤師の平均年収を大きく上回る年収600万円以上を提示するところも見られています。

しかし国家資格を取得して自分が勉強してきた専門性を活かして働きたいという学生にとっては、高年収だけでは心を動かさられないという現実もあり、結局いくら高年収を提示されても専門性を活かして働ける病院などの医療機関に就職を希望するケースが多く、しかし医療機関での薬剤師の給与水準というのは薬剤師の勤務先の中ではあまり高い方には入ってはいません。

このように現在の新卒の薬剤師は、高年収を求めるのであれば就職はいくらでもある状況ではあり、薬剤師という専門技術を活かして働きたいという場合は最初からそれほどの収入を期待できないかもしれませんが、他の職業と比較すると就職先はいろいろ選べる状態となっております。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.