薬剤師年収と資格

薬剤師年収と資格

薬剤師の年収と資格の関係についてですが、まず前提として薬剤師の国家資格を取得していることが大きな条件となります。この資格を持っていなければそもそも薬剤師になることができず、収入は発生しません。薬剤師の国家資格を取得するには大学の薬学部もしくは薬科大学で決まった年数の養成課程を終える必要があります。国立、公立、私立に限らず、幅広い学校があるので、自分の好きなところへ入学するといいでしょう。ちなみに国家資格は卒業見込みの人に対しても与えられることがあります。

薬剤師の国家資格を取得した場合、薬剤師として勤務することができますが、この時点ではまだ最低限の資格を持っているだけなので、年収も最低限の額になります。この資格だけでも経験を積んだり、待遇のいい求人を厳選すればそれなりの年収になることもありますが、ある程度のところで妥協しなければなりません。

他にどのような資格が薬剤師の年収に影響を与えるかというと、認定薬剤師、専門薬剤師と呼ばれているものが当てはまります。これらはある特定の分野における薬剤師スキルを持っていると判断され、研修を受けたり試験に合格したりすることで取得できる資格です。基本的にはまず特定分野の認定薬剤師を取得し、次にさらなる厳しい条件をクリアすることで専門薬剤師を取得する流れになっています。ただ中には認定薬剤師もしくは専門薬剤師しか存在しない資格分野もあるので、自分が取得したい分野の資格情報はしっかりとチェックしておくべきです。

認定薬剤師、専門薬剤師の両方が存在する分野の資格の場合、専門薬剤師まで取得することができれば、かなり年収アップを期待することができます。認定薬剤師の取得まででも十分に年収アップは期待できますが、やはり専門薬剤師の取得条件は厳しいので、高年収を狙う場合は専門薬剤師の取得にチャレンジするべきでしょう。

もちろん年収をアップさせるにはちゃんと職場の業務に関わりのある資格を持っている必要があります。職場の業務に関わりがなければどれだけの難関資格だったとしても、そのメリットを発揮することができないので、年収に影響を与えません。そのため、自分が持っている資格と、自分が働く職場の相性はよく考えておくべきです。

具体的に認定薬剤師、専門薬剤師の資格にはどのようなものがあるかというと、がんや感染制御、精神科、HIV感染症といったものがあります。このように特定の病気から科目単位まで種類が幅広いです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.