札幌の薬剤師年収

札幌の薬剤師年収

薬のスペシャリスト・薬剤師の平均年収は約500万円、月給35〜37万円、安定推移にありますが、薬剤師は勤務先や職種によって年収に差があるのが特徴です。薬剤師の主な勤務先で比較すると製薬会社>ドラッグストア>調剤薬局>病院の順に薬剤師年収は高くなり、これに加えて地域による年収差も見られます。  一般的に都心は物価や生活コストに応じて年収も高く、地方、田舎、生活に不便な僻地ほど仕事もなく給与が安くなります。しかし医師や薬剤師など医療従事者の場合、このロジックは当てはまらないようです。地方の田舎や僻地の医療スタッフ不足は深刻で、常に人材は枯渇している状態です。数字上、薬剤師の数が増えて薬剤師は飽和状態、需要は頭打ちと言われても地方の薬剤師不足は全く解消されていないのが現実です。そのため、慢性的な人手不足の地域・僻地医療に携わる医療従事者への負担は非常に大きく、仕事は心身ともにハードなものになりますが、その分、高収入を見込むことができるようです。

 地方の病院薬剤師や調剤薬局薬剤師の求人募集で提示する年収を見ると、700〜800万円で募集している所もあり、すでに一般薬剤師に対しても管理薬剤師並の待遇を提示するところも見られます。僻地の調剤薬局で新規開設などという場合には契約で年収1,000万円、3か月限定で月給80万円など通常の薬剤師年収からは考えられない破格の年収になることもあるそうです。 札幌の場合は北海道の中でも都会なため病院、調剤薬局、ドラッグストアなど薬剤師が働くフィールドが多く薬剤師年収は平均的です。年収450〜600万円どまりでしょう。

 広大な北海道の中でも、本当の僻地となると年収700〜800万円台の求人もあり、年収1,000万円を提示する薬局や薬店もあるようです。しかし人手不足の中に身を投じるわけですから当然、仕事の責務はそのボリュームとともに大きなものとなってきます。逆に僻地の高収入をねらって 薬剤師という資格をブランドに荒稼ぎする薬剤師もいるとか?いないとか!? 仕事環境だけでなく、僻地勤務は生活の不便さを強いられることを覚悟しなければなりません。北海道と言えば厳しい冬や雪の問題があり、農業や酪農が盛んな地であれば家と家の間隔が50m以上離れている、ということはザラにあるのです。海岸部の漁村は買い物や飲食できる場所、エンターテイメント性も少なく、高年収はその生活の不便さに対する代償の意味もあります。 いずれにしても簡単に高い年収を得ることはどこに行っても何をしても得られるわけではなく、それ相応の事情と環境が待ち受けていることは否めないようです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.