沖縄の薬剤師年収

沖縄の薬剤師年収

薬剤師は病気の患者さんの症状に合わせた薬の調剤、薬の効果や副作用、注意点を説明する服薬指導を行う薬のスペシャリストです。薬剤師は国家資格であり薬学と医療における高い専門性とスキルを持ち、病気を治す治療や新しい薬の開発といった職業性から多くの人と社会に貢献できる人気の高い職業です。薬剤師は病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社に勤務するのが一般的ではありますが、それ以外にも薬や化学品の研究所、治験会社、化学品・化粧品・食品を製造販売するメーカー、公務員の特別職など医師や看護師など他の医療従事者に比較して幅広い分野で活躍できる可能性がある職業でもあります。

 職域が広いため薬剤師の給与は勤務先や職種によって大きく差があるのが特徴です。主要勤務先で比較すると製薬会社>ドラッグストア>調剤薬局>病院の順に薬剤師年収は高くなりますが、これに加えて地域によっても年収差が見られます。  一般的に都心は物価や生活コストに応じて年収も高く、地方、田舎、僻地になるほど仕事もなく給与が安くなります。しかし医療従事者の場合このロジックは当てはまらないようです。田舎や僻地ほど医療に従事するスタッフ不足は深刻、且つ枯渇しており、数字上「薬剤師飽和時代」と言われても地方の薬剤師不足は全く解消されていないのが現実です。そのため、地方で利便性の悪い所に勤務する薬剤師ほど高収入を見込むことができるようです。

 地方の調剤薬局では、平均年収を大きく上回る年収700〜800万円台で薬剤師を募集していたり、新規開設する僻地の調剤薬局の場合には契約で年収1,000万円、3か月限定で月給80万円など通常の薬剤師年収からは考えられない破格の年収になることもあるそうです。 沖縄も地方、生活に不便、僻地の分類に入るエリアもありますが、場所柄、観光や沖縄生活を目的にくる人も多く、他の地方・僻地の薬剤師に比べると高収入ということはないようです。沖縄の薬剤師年収は平均して450〜600万円と薬剤師の平均年収並またはやや減です。しかし薬剤師という資格を活かし、移住・永住する人も多く不動の人気がある沖縄の地でライフワークを築くことができるのはひとつの魅力かもしれません。「ワーク・ライフ・バランス」という言葉があるように、沖縄には仕事と生活の両方を充実させる要素があるかもしれません。

[スポンサードリンク]
沖縄求人情報サイトランキング
沖縄の求人を金融業界でも外食業界でも観光業界でも何でも紹介します!

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.