看護師と薬剤師の年収

看護師と薬剤師の年収

看護師の仕事は勤める病院や外来、病棟、手術室など所属する部署や科などによって異なりますが、看護師は医師のサポートし患者さんをケアするスペシャリストです。その仕事は感謝さんの問診、点滴注射、与薬、バイタルチェック、食事や排泄の介助、手浴・足浴、配膳・下膳、ベットメーキング、記録・巡回などなど非常に広範で多岐にわたります。 看護師職は夜勤や深夜勤など不規則で体力的に負荷の多い仕事、患者さん精神フォロー、クレーム対応には精神的負担が大きい仕事、常に医療に対する最新の情報とスキルを要し向学心が求められる仕事、とハードな職業です。しかしそれでも特に女性にとって看護師という職業は、女性の特性を活かして社会的自立ができ、高い専門性とスキルをもってプロフェッショナルに仕事ができるとして不動の人気があります。業界柄、年収・給与は安定し、平均年収は約450〜500万円と比較的高い職業に位置します。看護師でも大規模病院の看護師長、看護部長など組織をまとめる役職に就いた場合には、大きな権限とともに薬剤師の年収を上回る、高い年収を得ることになります。

薬剤師は薬のスペシャリストとして薬の調剤や服薬指導を行うのが主な仕事です。医薬品の管理(品質、在庫、購入など)、医薬品の品質試験、注射剤・点眼剤・軟膏剤などを調整して製剤作製、病院薬剤師の場合には医薬品の有効性や副作用の情報を医師に伝えて薬物療法を行うアドバイスやサポート業務、薬局やドラッグストアで管理薬剤師ともなれば薬剤師業務に加えて医薬品の陳列、棚卸し、スタッフの勤怠管理、教育指導なども薬剤師の仕事となってきます。 薬剤師の職場は病院、調剤薬局、ドラッグストアなどが主になりますが、製薬会社、治験、薬や化学品の研究機関、化学・化粧品・食品などのメーカーというように、看護師や医師など他の医療従事者に比べて活躍できるフィールドが広い職業のため年収も勤務先によって幅があります。薬剤師の平均年収は約500万円超ですが、製薬会社>ドラッグストア>調剤薬局・病院順に給与が高い傾向にあります。

看護師と薬剤師は仕事の内容もそのスペシャリスト性が大きく異なるため、年収の比較対象にしがたい部分もありますが、同じ医療のフィールドに働くコメディカルとした場合、薬剤師は看護師の年収を上回り、平均すると年収差に約80〜100万円の開きがありそうです。看護師は3〜4年、薬剤師は6年の修学を経ており、約倍の時間で積み上げた知識とスキルに収入差は否めず、その分薬剤師に課せられる責務と役割は大きなものがあると言って良いでしょう。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.