年齢別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収

薬剤師は薬のスペシャリストとして病気の患者さんの症状に合わせた薬の調剤、薬の効果や副作用、注意点を説明する服薬指導を行うのが主な仕事です。医薬品の管理(品質、在庫、購入など)、医薬品の品質試験、注射剤・点滴剤・軟膏剤などを調整する製剤の作製、病院に勤務する薬剤師の場合には、医薬品の有効性や副作用の情報を医師に伝えて薬物療法を行うアドバイスし、薬局やドラッグストアで管理薬剤師ともなれば、調剤や服薬指導といった本来の薬剤師業務に加えて医薬品の陳列、棚卸し、スタッフの勤怠管理、店舗経営なども仕事の範囲となってきます。

薬剤師の職場は病院、調剤薬局、ドラッグストアなどが主な勤務先になりますが、製薬会社、治験会社、薬や化学品の研究機関、化学・化粧品・食品などのメーカーへの勤務など、看護師や医師など他の医療従者に比べて活躍できるフィールドが広い職業です。そのため年収や給与は勤務先によるところが大きく、薬剤師の平均年収は約500万円前後ですが、一般的には製薬会社>ドラッグストア>調剤薬局・病院順に給与が高い傾向にあります。

薬剤師の平均年収を年代別に見てみると、概して20代前半の新人薬剤師で約400万円弱、20代後半;450万円、30代前半;500万円前後、30代後半;600〜650万円、40代前半;550〜700万円、40代後半;600〜750万円、50代前半;550〜700万円、50代後半;650〜750万円、60代前半;500万円前後、65歳以上;450万円で推移しているようです。 薬剤師の年収は400万円ぐらいからスタートし、3〜5年のキャリアで薬剤師の平均年収500万円台に到達し、その後は役職や経験、キャリアップをどう図るかによって年収に差が出るようです。年収ピーク時は男性の場合、40代後半から50代、女性の場合は30代後半もしくは50代後半になります。薬剤師は女性が多い職業であることから30〜40代は出産・育児などでキャリアをストップせざるを得ない、または産休などのブランクがあるせいか平均年収UPが一時停滞する時期があるようです。

 いずれの年代にしても一般企業に勤務するサラリーマンの平均年収より高い薬剤師の年収です。安定性があるので継続して仕事をしていれば年収はそれなりに上がっていきますが、さらに年収を上げるには製薬会社やドラッグストアなど報酬が良い職場(その分薬剤師としての本業以外も業務多)で働く、管理薬剤師や薬店の長を目指す、ということが必要なようです。例えば大手製薬会社、成果主義の営業職、優秀な研究者などでは年収800〜1,000万円、ドラッグストアや調剤薬局の店長クラスになると年収700〜900万円を超える高収入も見込めます。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.