MRの薬剤師の年収

MRの薬剤師の年収

薬剤師が行う仕事の中でも、最も高年収を稼ぐことができるのがMRの仕事だと言われています。MRというのは「医薬情報担当者」の略で、簡単に言えば製薬会社で薬の営業をする仕事のことです。製薬会社が病院などの医療機関に営業をかける時に、製薬会社の製品である薬について、医師や薬剤師に専門的な情報を提供する役割を行う人のことになります。

MRでももちろん働く職場によって年収は大きく異なりますが、大手製薬会社のMRともなれば軽く1000万円を超える年収をもらっている人もたくさんいて、 MRの平均年収は500万円から1000万円となっており、高年収と言われている医師よりも稼いでいる場合も多く見られます。医師でも開業医などになれば1億円以上といった桁外れな年収を稼ぎだしている人も多く見られますが、若い勤務医などよりはベテランMRの方が収入が多いこともよくあることで、営業を掛けているMRの方が実は稼ぎが良いということは良くあることなのです。

しかし年収1000万円を超えるMRでも最初から高年収をもらえる訳ではなく、 MRの初年度の年収は働く場所でももちろん多少はことなりますが、大抵は300万円から350万円というのが相場となっています。月給では20万円程度しかもらうことができないのが普通で、初年度から年収を400万円から600万円もらえるのが当たり前の調剤薬局の薬剤師よりもかなり低い年収となっています。

しかし調剤薬局などの薬剤師の場合は、最初から年収が600万円もらえたとしても、その後はその金額を維持するだけで、それ以上大幅な年収アップは望めなくなっていて、それに対してMRの年収は年々上がっていき、 30代にもなるとほとんどのMRは収入で調剤薬局の薬剤師を大幅に上回るようになります。したがってMRになるのは一生仕事を続ける男性の薬剤師に多く、将来的に結婚や育児をする時には薬剤師を辞めるか休業するかを考えている女性の薬剤師の場合は、最初から年収が高い調剤薬局などに就職する傾向が強くなっています。

このように、MRになる場合は大学の時から製薬会社に就職を希望してMRを一生の仕事にしようと最初から考えている人が多くなっていて、以前はMRからは薬剤師にはなれても、薬剤師からはMRにはなれないというのが業界では当たり前となっていましたが、最近では製薬会社でもMRを中途採用する時に薬剤師を採用する動きが多くなっていて、はじめは薬局に勤務した薬剤師が、やはり高年収目当てにMRに転職するというケースも多く見られるようになってきているのです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.