麻薬取締官の薬剤師の年収

麻薬取締官の薬剤師の年収

薬剤師が行う仕事の中でも最も特殊なものが麻薬取締官と言ってもいいでしょう。麻薬取締官というのは、薬物犯罪を取り締まり、日本を薬物汚染から守るという大事な任務を任されている人のことを言います。麻薬取締官は厚生労働省に所属する国家公務員で、麻薬取締官になるためには国家公務員試験か薬剤師の国家試験に合格することが必須条件となっていて、それらに該当する場合のみ厚生労働省の地方厚生局麻薬取締部の採用試験を受験することが可能となっています。

麻薬取締官というのは日本全国でもそれほどの人数がいる訳ではなく、毎年の採用人数はわずかなものとなるために、簡単に麻薬取締官になることはできませんが、麻薬取締官は薬物に関する専門的な知識が必要となるため、その半数は薬剤師の資格をもっている人達で構成されています。

麻薬取締官の具体的な仕事内容は、麻薬の取り締まりや麻薬をはじめとした薬物の不正流通のルートの解明などがあり、その他にも医療目的で使用される正規麻薬の不正使用や横流しや盗難などの監視を行うこととなっています。そのためよくテレビなどで放送されている麻薬捜査の現場に出向くだけではなく、麻薬の流通経路を監視することを目的に、麻薬や向精神薬などを保管している医療機関や薬局などを訪問して、医薬品の不正流通を防ぐ役割も行っています。

麻薬取締官というのは特別司法警察職員としての権限も持っており、麻薬取締業務の中では当然身の危険を伴うことにあるため、警察官と同じような逮捕術の訓練も受けて、万が一の時に備えています。さらに場合によっては拳銃や小型武器なども認められており、それだけかなり危険を伴う仕事だということが言えるのです。

このように麻薬取締官の薬剤師は一般的な薬剤師とは全く違う業務を行う仕事であり、普通の薬剤師という職業を目指している人達の中には麻薬取締官を目指している人はほとんどいないと思われます。

麻薬取締官の年収は危険を伴うためにかなり高い思う人も多いと思いますが、危険の割にはそれほど高くは設定されていなく、しかしもちろん麻薬取締官は国家公務員となるためそれなりの年収はもらえるようになっています。麻薬取締官は国家公務員の行政職の給与に調整額が付与された額となっており、はっきりした平均年収は発表されていませんが、おおよそ600万円程度であると推測されます。もちろんキャリアによってはそれ以上になり、給与面では安定したものとなっています。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.