厚生労働省の薬剤師の年収

厚生労働省の薬剤師の年収

薬剤師というのは国家資格を持つ薬のスペシャリストであるので、薬を扱う職場には必ずと言っていいほど薬剤師が働いています。薬を扱う職場と言えば病院や調剤薬局やドラックストアや製薬会社などが真っ先に思い出されると思いますが、その他にも化学品や化粧品を扱う会社や食品メーカーにも多くの薬剤師が働いていて、さらに公務員として保健所などに勤務する薬剤師も数多く存在しています。

薬剤師というのは人の命に関わる薬を扱うとても重要な仕事を行っているため、薬剤師になるためには必ず薬科大学を卒業して国家試験に合格したものしかその資格は与えられないこととなっており、さらに薬剤師の資格を取得して行える仕事の内容は薬事法という法律によって厳格に規定されています。そして薬剤師として認められた人達は全て管轄省庁である厚生労働省のリストに登録されていることとなっています。

薬剤師を管轄する厚生労働省にももちろん薬剤師は在籍していて、厚生労働省に勤務しているということでもちろん国家公務員として働いています。したがって厚生労働省に勤務している薬剤師の年収は国家公務員の年収に沿ったものとなっています。薬剤師全体の平均年収は500万円程度となっていますが、国家公務員である厚生労働省の薬剤師の平均年収はもちろんそれよりも高いものとなっています。

厚生労働省の薬剤師になるためには国家公務員にならなければいけないということで、国家公務員試験に合格する必要があり、国家公務員試験に合格すると各省庁の面接を受けてその後正式に国家公務員になることができます。国家公務員の平均年収は600万円を超えていて、各省庁のトップの事務次官ともなれば、その年収は3000万円にもなると言われています。厚生労働省の薬剤師の場合もその他の国家公務員同様にキャリアを重ねるごとに年収は上がっていき、他の職場で働く薬剤師と比較すると収入面も含めて全ての面でかなり安定したものとなっています。

国家公務員でももちろん残業する人はたくさんいますが、国家公務員の労働時間は1日8時間程度で土日が休みの週休二日制となっていて、就業規則や給与制度に関わるものなど全てが法律によって厳格に決められています。厚生労働省の薬剤師の業務にはいろいろなものがありますが、主な仕事は医薬品や医療機器や化粧品などの製造販売承認の指導や受付や監視を行うものとなり、莫大な書類を取り扱うケースも多くなっています。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.