公務員の薬剤師の年収

公務員の薬剤師の年収

薬の調剤や服薬指導を主な仕事とする薬のスペシャリスト・薬剤師は多くの場合、病院などの医療機関、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などに勤務しています。薬剤師は看護師や医師などの他の医療従事者に比べて資格と専門性を活かして活躍できるフィールドが広い職業のため、前述した4つの勤務先以外にも治験会社、薬化学品の研究所、化学品メーカー、化粧品メーカー、食品メーカーなども勤務先の選択肢に入ります。

また薬剤師は公務員として働くこともでき、国立病院に勤務する薬剤師や、地方自治体や市区町村の保健行政で医薬品・食品・廃棄物・毒物や劇物の衛生や環境を管理する仕事を行う、薬事衛生や食品衛生に関わる薬剤師、厚生労働省の麻薬取締官、自衛隊の薬剤官などが公務員薬剤師になります。 公務員薬剤師になるには薬学分野で公務員試験に合格することが必要になり、厚生労働省が管轄する職務の場合、医薬品などに関して指導・管理を行う薬事行政が主な仕事になるため、医療現場携わる機会はほとんどなく、製薬会社との折衝、安全情報の収集や取りまとめ、許認可業務が主な仕事になります。都道府県管轄の職務の場合には、必ず公立病院に配属となるわけではなく都庁・県庁といった行政機関での勤務、保健所で水質検査や衛生検査への従事、看護学校で薬理の講師を務めるなど、細かな業務内容は勤務する都道府県によって差があり、異動も含めて幅広く仕事をすることになります。

そんな公務員薬剤師の年収は公務員の給与規定、医療職俸給表(二)に則り平均月収約36万円、年収は約600万円になります。この公務員薬剤師の年収には俸給(基本給)に扶養手当、地域手当、住宅手当など各種手当及び、期末・勤勉手当(ボーナス)を加算したものになります。  ドラッグストア、調剤薬局、一般の薬剤師として病院に勤務する薬剤師の平均年収が約500万円前後となっており、公務員薬剤師との年収差は約100万円の開きがあります。公務員薬剤師の方が高い収入を見込むことができますが、公務員薬剤師のように公務員の特別職として職を得ることができる人は公務員一般職の約0.3%に過ぎず(薬剤師の他にも栄養士、臨床検査技師、放射線技師なども同じ公務員特別職に属す)非常に狭き門となっています。 しかしながら一般の薬剤師年収も企業に勤めるサラリーマンに比較すると高い年収になっており、仕事の業界柄、年収・給与変動が少なく安定して高収入が見込める職業です。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.