韓国の薬剤師の年収

韓国の薬剤師の年収

現在日本では韓流ブームが続いており、この先もしばらくはこのような状態が継続すると予想されています。そんな中で韓国に移住したいと考える若者も多くなってきているようで、実際にすでに韓国人と結婚して韓国に移り住んだり、韓国で就職を希望する人もかなり多くなってきているようです。

韓国で薬剤師になるためには、日本と同様に韓国の薬科大学を卒業して国家試験に合格しなければいけませんが、日本人が韓国で薬剤師になるためには、この方法の他にも日本で薬剤師の資格を取得して、その後に韓国の国家試験を受けて合格するという方法もあります。これはすでに薬剤師の資格を持っている人にとってはかなり有り難いこととなっており、アメリカなどの場合には日本で薬剤師の資格を持っていたとしても、もう一度アメリカの大学に入って勉強しなければいけないので、若い内からアメリカで薬剤師を目指さないと海外で薬剤師になるのはかなり厳しいのですが、韓国で薬剤師になる場合は、日本で大学に入った後でも十分に方向転換ができることになります。

さて肝心の韓国での薬剤師の年収ですが、韓国の薬剤師の平均年収は約600万円だと言われています。日本の薬剤師の平均年収は550万円前後と言われているので、数字だけを見ても韓国の方が上回っていますが、実は韓国の他の職業の年収を見てみると一般のサラリーマンの年収は250万前後となっているため、いかに薬剤師の年収が高いかということが分かると思います。さらに韓国の年収600万円は日本の価値に換算すると1000万円以上の価値があるということです。

日本と韓国の薬剤師の大きな違いは、韓国の薬剤師の地位が物凄く高いというところで、韓国においては薬剤師はとても尊敬できる仕事と位置付けられているそうです。よくテレビなどで放送されている通りに、韓国では日本と比べ物にならないほど親達が教育熱心で、過激な大学受験戦争が繰り広げられていますが、薬剤師という職業は子供に将来なって欲しい職業でも上位にランクインしており、子供を薬剤師にするためなら高い教育費も惜しみなく費やしているということです。

韓国で薬剤師が就職するのは日本同様に薬局やドラックストアや病院などの医療機関が多くなりますが、韓国の街には薬局がたくさん並んでいるのが大きな特徴となっています。このように韓国では地位が非常に高く、韓国では尊敬される仕事となっていて、かなりの高年収を稼いでいるのが薬剤師の仕事となっています。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.