薬剤師年収の今後

薬剤師年収の今後

薬剤師は病気の患者さんの症状に合わせた薬の調剤、薬の効果や副作用、注意点を説明する服薬指導を行う薬のスペシャリストです。薬剤師は国家資格であり薬学と医療における専門性と高いスキルを持ち、人や社会に貢献できる人気の高い職業です。業界柄、不況や経済動向の停滞が続く社会においても、薬剤師は引く手あまた、常に売り手市場にあった時代もあります。 昨今は登録販売者制度が制定されたことによって、薬剤師の主な勤務先となっていた薬局やドラッグストアに薬剤師を配置する必要がなくなり、薬剤師にとっては勤務先が減る事態です。一方では薬学部新設ラッシュの影響か、薬剤師の需要は頭打ち、供給過剰、今や飽和状態、厳しい環境が続くなどと言われているようです。

しかしながら、医療の変遷や進歩、新たな分野における薬剤師の存在意義が高まってきており、薬剤師競争が厳しい状況に変わりはないものの、単に数字上、計算上、薬剤師が多くなったことで薬剤師は飽和状態だ!年収がダウンする!!というわけではないのではないようです。  最近の医療は薬を使った化学療法による病気の治療が目覚しく、以前は不治の病とされた病気も、大手術を必要とした疾患も薬の力で治療する時代がきています。そのため特に新薬開発の一端を担う治験の分野では、医薬品の治験に薬と被験者の存在は絶対であり、薬のスペシャリストである薬剤師の重要性が高く評価されています。また現代の医療は各部門のスペシャリストが専門性を発揮し、患者さんを総合的角度からサポートする「チーム医療」が主流となってきている点から、薬剤師は薬の専門家としてチーム医療に欠くことのできない一員です。 さらに薬剤師はこれまで主な勤務先としてきた病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社以外にも薬や化学品の研究所、治験会社、化学品・化粧品・食品を製造販売するメーカー、公務員の特別職など医師や看護師など他の医療従事者に比較して活躍できる分野が広い職業です。

 薬剤師の今後は、仕事のフィールドに広い視野を持ち、激化する競争に備えてしっかり専門知識や高いスキルを身に付け、常に自己研鑽のマインドを持ち続けることが年収を左右するかもしれません。薬剤師飽和時代と言われてもチーム医療の一員としての存在意義、治験という新しい職業分野、幅広いフィールドで活躍できる可能性が薬剤師にはあります。薬剤師というブランドがひとり歩きする時代は終ろうとしていますが、より高い付加価値のある薬剤師ブランドをセルフプロデュースしていく努力が今後を切り開くはずです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.