化粧品会社の薬剤師の年収

化粧品会社の薬剤師の年収

薬剤師と言えば、薬局や研究機関での開発をしているイメージがあるかもしれません。実際半数以上はそういう勤務先で働いているようですが、最近は企業勤務をしたいと思う薬剤師が増えているそうです。企業規模が大きければ年収も上がるかというと、それほど単純なものではありませんが、薬局と比べて医薬品メーカーや化粧品メーカーは人材不足の傾向があるため、より高い年収を提示して人材獲得に動いているのです。よって、一般的には給料が良いとされています。働き方が違うものにはなりますが、薬学の知識をより良い商品開発や品質管理に生かす、化粧品会社などへの就職も考慮してみると良いかもしれません。

薬剤師として働ける企業の中でも化粧品メーカーに勤務する場合、どのくらいなのでしょうか。薬剤師年収平均は400〜500万円となり、年齢によって多少前後します。企業規模によって違いがはっきりしているわけではありません。つまり従業員1000人を超える大企業であっても、それ以下の中小企業であっても、大手のほうが給料が高いとはっきりしているわけではないのです。扱う化粧品の人気や販売規模から想定すると良いでしょう。

覚えておきたいのは、製薬メーカーと比べて、食品会社や化粧品会社のほうが給与水準は低い傾向にありますから、今のところ薬剤師の人気も高いというほどではないと思われます。しかし女性であれば自分の気に入った化粧品があるでしょうから、それに関わる仕事ということで化粧品会社を選ぶ人もいます。そしてこれから伸びていく市場とみて就職する人もいるでしょう。

化粧品会社の薬剤師は、使われている成分を分析したり、その影響を調査したりして、安全性を確保するということが主な仕事になります。化粧品の開発でも検証でもそうですが、やはり化粧品メーカーでも薬学に精通している人材がいなければなりません。そのため、どうしても必要とされる仕事でもあります。給料は比較的高いというわけではないかもしれませんが、その分福利厚生がしっかりしていたり、安定した仕事として働くことができたりしています。

しかし化粧品に関わる仕事を選ぶ人は、自分の好きなものに関わりたいとか、安全な化粧品を作ることにやりがいを感じるなどの理由の人が多いようです。そのように質の高い商品を提供していくことができれば、いずれ収入面もついてくるという将来性も感じているようです。年収1000万円を目指すのは難しいものですが、薬剤師としてのやりがいを感じられる仕事でしょう。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.