研究機関の薬剤師の年収

研究機関の薬剤師の年収

同じ資格を持つ薬剤師であっても、どこに勤めるかで年収が違います。研究機関での研究開発や臨床開発、治験などに携わる薬剤師の場合、年収はどうなっているでしょうか。収入は年齢や勤続年数によっても変化していくものですが、初任給400万円前後くらいが平均的なようです。実際、求人サイトの情報を調べてみますと、400万円から700万円くらいが多く見られます。

しかし平均的な薬剤師年収額が400〜700万円くらいだとしても、実際にはそれよりも少ない場合も多い場合もあります。まず、民間と公務員の場合で初任給から違いますので気をつけましょう。簡単に言いますと、民間は業績が良ければ上がりますが、逆に悪ければ下がるという、業績によって上下の幅が多いものです。そして公務員は民間と比べて低い水準の給料からスタートしますが、あまり変化はなく安定していると言えます。そして年齢や勤続年数によってゆるやかに上昇していくのです。薬剤師に限らずどの職種でも大体そうですが、公務員は安定した給料ということになります。中でも研究職になりますと、民間の研究機関でも給与が比較的変化しないことが多いようですから、公的機関になるとなおさら変化が少ないということになるでしょう。

研究機関というのも様々あり、民間企業であればその規模にも年収は左右されます。薬剤師は働く地域によっても若干給料に差がでることがあり、地方は人材が少ないことから、年収アップすることが多いようです。そのため転勤を受け入れたり地方で就職したりすれば、より高い給料を得られるかもしれません。ただ研究職の場合はそれほど田舎に施設があることは少なく、転勤の可能性も低いと思われます。働く場所が同じであることは、人生設計はしやすいかもしれませんが、転勤によって収入が上がることは期待しにくいということです。

最近求人が増えている研究機関としては、CRO(受託臨床試験機関)です。これは製薬企業から新薬の臨床試験などを委託されて行なうなどする機関です。製薬企業は外注傾向にシフトしていくと予想されており、これからはCROは拡大が見込まれています。研究職として働くならば、この拡大市場で、より高い収入を得ることを目指せるかもしれません。製薬会社では未経験者が開発に携われることは少ないものですが、CROは広く人材を求めているため、未経験からでも研究開発に携われるかもしれません。研究職に就きたい、そしてできるだけ収入を得たいと思う人は検討をお勧めします。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.