刑務所の薬剤師の年収

刑務所の薬剤師の年収

薬剤師の就職先としては少し特殊かもしれませんが、刑務所で働く薬剤師もいます。医療刑務所内の薬局に勤務するということもありますし、医師が処方した薬剤を処方するというケースもあります。基本的には一般の薬局に勤める場合と変わりませんが、国家公務員ということになりますから、年収はそれに準ずるものとなります。薬局内での調剤や医薬品の管理などを行ない、8時から17時くらいの時間働きます。大体薬剤師年収は400〜500万円くらいで募集されていることが多く、あとは経験や年齢などによって少しずつ上がっていくと考えることができます。公務員ですから劇的に収入がアップすることはなく、ベテランの人たちであっても600〜700万円くらいが上限と言えるでしょう。

また国家公務員には医療職俸給表というものがあり、中でも病院や診療所な医療機関に勤務する薬剤師や栄養士といった職員は、「医療職俸給表(二)」が適用されて給料が決まります。これは法律によって変化することがあるので注意が必要です。よく公務員は給料をもらい過ぎという批判を受けることがありますが、そうした世論を受けて法律が改正され、民間基準に合わせるということで減額される可能性もあります。実際これまでも給料が減ったことがあります。民間企業のように一気にボーナスカットとかリストラとかはないと思われますが、ある程度は景気に左右されるのです。その他の条件は一般的な正社員と同じようなものと考えられます。

公務員は民間よりも年功序列的な給料になります。よって、与えられた仕事を確実にこなしていけばゆるやかに収入はアップしていくことになるでしょう。上記のように大きな景気変動や法改正がなければ、若い時は民間よりも低い給料ですが、年齢を重ねた後は民間水準を追い抜くかもしれません。扶養手当や住宅手当といった福利厚生や退職金制度もしっかりしていますから、安定した仕事であると言えるでしょう。生涯賃金で言うと、民間よりも少し低いとされますが、平均して600万円ほどでしかも安定しているなら、良い仕事と言えるのではないでしょうか。

刑務所勤務といっても、受刑者と接することはほとんどありません。刑務所内では受刑者の行動はかなり制限されますから、通常の薬局のように自由に患者さんが出入りしてくるわけではなく、すべて医師などの指示に基づいて調剤していきます。ですから何か危険なことがあって特別に手当てが出るということはなく、残業があって収入が上がるということもないでしょう。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.