管理薬剤師の年収

管理薬剤師の年収

薬局やドラッグストアなど医薬品の取扱い・販売を行う店舗には薬局を管理する薬剤師を置かなければならないことが薬事法にて定められています。管理薬剤師とは、そうした医薬品取扱い店で管理者的立場にある薬剤師を意味します。 特別な資格はないため薬剤師であれば管理薬剤師になることはできますが、管理者として医薬品の保管期間など品質管理、医薬品の陳列、薬剤管理の帳簿や薬情チェック、服薬指導など薬剤師としての本業はもちろん、顧客対応、在庫確認、棚卸し、医薬品以外の商品ディスプレイ、薬店や店舗によってはパート・アルバイトなどスタッフマネジメントを行う場合もあります。医薬品の陳列はアルバイトでも…というイメージもありますが、医薬品の陳列方法は法律によって義務付けがあるため薬剤師の責務となり、店舗の衛生や設備マネジメントの点にも関わることから、管理薬剤師は薬局店の経営者やドラッグストアの店長以上の権限を持つ立場であることがわかります。

そんなマネジメント性を持った管理薬剤師の年収は、管理薬剤師手当が上乗せされるため一般の薬剤師に比較し高くなります。基本給も含め薬剤師手当・管理薬剤師手当は勤務先によって幅がありますが、管理薬剤師の平均手当相場は年間約30〜50万円で、一般に管理薬剤師クラスは平均年収600万円前後、大手の薬局長やドラッグストアの店長クラスになると700〜800万円を超えるところもあるようです。 管理薬剤師の仕事は店舗運営のあらゆる管理監督・責務を求められるため、一般の薬剤師の仕事以上にハードです。そのため、やりがいや充実性、高い年収が保証されているようです。 黙々と調剤に務めること以外の仕事をしたい薬剤師や、調剤薬局を将来開業したい薬剤師、マネジメントに興味がある薬剤師、また給与を上げたい薬剤師などには、管理薬剤師は目指すべきポジションとなるかもしれません。

 薬剤師の年収は勤務先によって異なりますが、主な勤務先となる調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社ともスタートは約400万円で、平均して年収は約500万円です。それ以上の給与UPは、その後は勤続年数や管理薬剤師などの役職に就くこと、またはキャリアUP・キャリアチェンジで変動してくるようです。一般企業に勤めるサラリーマンの平均年収が約420万円なので、薬剤師の高い年収は明確で業界柄、年収・給与変動が少なく安定して高収入が見込めます。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.