開業・独立時の薬剤師年収

開業・独立時の薬剤師年収

開業・独立時の薬剤師年収は当然始めたばかりであるだけに経営者としては低めとなります。基本は年収1,000万円以下となりますが、開業時の物珍しさにより、人が集まることもあるので、その場合は年収1,000万円を超えるかもしれません。しかし、開業時の物珍しさだけで人を呼ぶのは限界があります。それだけではすぐに売り上げを維持できなくなり、年収1,000万円以下に落ち込む可能性が高いです。

全体の薬剤師年収の平均は500万円〜550万円なので、年収1,000万円以下だったとしても十分に稼げるという見方もできます。ただし、経営者は雇われの薬剤師よりもはるかにリスクが高いということを意識しておかなければなりません。たとえ年収が高くなったとしてもこのリスクを含めて十分な額でなければ割に合わないでしょう。

独立・開業した薬剤師のリスクには、たとえば初期資金を用意しなければならないことがあげられます。初期資金は自らの預金から出すか、もしくは銀行から借りて用意することになります。ということは独立・開業直後の収入はその分の損失を取り戻すためのお金となるので、初期資金分を稼げないうちは儲かっているとはいえないのです。そのため、初期資金分のお金を稼ぐのが独立・開業した薬剤師の最初の目標であり、その目標を達成できてからが本番となります。

広い視点で見れば開業・独立時の薬剤師年収を気にしすぎる必要はありません。というのも、経営者が一番気にしなければならないのはしっかりとしたプランを持って安定した経営を行っていくことだからです。たとえ最初の売り上げが低く、年収を上げることができなかったとしても、経営を継続できるだけの稼ぎがあるのであれば、上出来と見るべきでしょう。継続さえできているのであれば、そこからマーケティングを行うなどして、売り上げを伸ばす工夫をこらすことも可能です。

一時的な売り上げの増加が起きた時はその後の売り上げ低減の対策を練っておく必要があります。売り上げが一気に上がった分、落ち込みも激しくなるので、うまく対処ができなければどこまでも落ち込んでいく可能性があります。そうなれば最後に待っているのは倒産です。倒産になれば経営者の薬剤師は年収がいきなりゼロになりますし、雇用していた労働者も同様に無職にさせてしまいます。このように独立・開業すると自分自身だけでなく周囲の人々にも責任を持たなければならなくなることを意識するといいでしょう。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.