女性薬剤師の年収

女性薬剤師の年収

薬剤師は女性の割合が多い職業です。そのため、女性だからといって男性と比べて年収が少なくなるということはありません。女性薬剤師の月収の平均は30万円〜40万円で、年収は500万円以上となっています。薬剤師全体の年収平均は500万円〜550万円なので、薬剤師としては十分に稼ぐことができるといっていいでしょう。

女性薬剤師が高い年収を目指すにはまず正社員になることが大切です。正社員は他の雇用形態と比べてあらゆる待遇が優れているので、年収に限らず、福利厚生等のサポートにも期待できます。それから高い役職を目指すことも考えなくてはなりません。管理薬剤師や薬局長など、責任をともなうものの、高い手当を得られる役職は当然年収が高いです。

しかし、女性の場合は男性と比べて出産や育児、介護などでプライベート面が忙しくなりやすいという側面があります。その場合は役職を諦めてプライベートにできるだけ時間を割くという選択もありえます。場合によってはアルバイトやパートでしか勤務できなくなることもあるでしょうが、もちろん年収はそれだけ下がることになるので、気をつけてください。

上記の通り薬剤師は女性の割合が多い職業なので、プライベート面の充実に関しては配慮している職場が多いです。たとえば、繁忙期を除いて残業をほとんどなくしたり、土日はしっかり休めるようにしているといった配慮があげられます。ただし、こういった配慮は薬局勤務の薬剤師に当てはまることで、基本的に業務が忙しい病院や企業に勤務する薬剤師にはあまり当てはまりません。もっとも、残業や休日出勤には手当がつくので、年収を上げるためには忙しい方がいいという面もあります。

出産で本格的にプライベートが忙しくなった場合は職場の産休・育休制度を利用するといいでしょう。産休・育休制度を利用すれば出産や育児がひと段落ついた後にまた正社員として職場に復帰することができます。産休・育休中は各社会保険の手当や給付金などで収入を得られるので、年収がいきなりゼロになることもありません。そして復帰後は復帰前の年収と同じ額でキャリアを再スタートさせることができます。また出産する場合は再び産休・育休制度を利用することになりますが、そうでなければ昇給や昇進を狙うことも可能です。

女性でできるだけ高い年収を目指すなら出産をしない方がいいですが、実際にはそうもいっていられないので、自分のライフスタイルと相談して年収と付き合っていくといいでしょう。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.