自衛隊の薬剤師の年収

自衛隊の薬剤師の年収

薬剤師が働くのは、病院などの医療機関や調剤薬局やドラックストアや製薬会社が主な職場になっておりますが、薬剤師というのは公務員として勤務しているケースも多く、市区町村などの保険所で働く場合や、国立病院で働く場合や、厚生労働省で働く薬剤師や、自衛隊で働く薬剤師も存在しています。

現在薬剤師は薬科大学で6年間学び、その後に国家試験に合格してようやく薬剤師の資格を取得することができますが、公務員として勤務する場合はそれぞれの職場で定められた公務員試験に合格する必要があります。自衛隊に勤務する薬剤師の場合は防衛相の管轄となるため国家公務員となり、自衛隊の中でも幹部職員になる薬剤官として勤務することになります。薬剤官と言っても他の自衛隊員の幹部候補生と同じく、幹部候補生学校というところで決められた期間教育を受け必要な技術や知識を学ばなければいけないこととなっています。その後は自衛隊病院で1年程度の実務研修が行われ、調剤業務や製剤業務など薬剤師として専門知識を身に付け、それから陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のいずれかに配属されることになります。

薬剤官は国家公務員となるため他の自衛隊員同様に全国に転勤があり、様々な地域にある自衛隊病院などに配属されますが、薬剤師でも災害時には他の自衛隊と一緒に現地に出向き、食品や飲料水などの衛生管理を行うこともあります。このように自衛隊の薬剤師として勤務する場合は、薬剤師だからと言って楽な仕事に就けるというようには考えない方がよく、自衛隊の薬剤師の仕事は一般の薬剤師よりもかなりやることも覚えることも多くなると認識しておいた方がいいでしょう。しかしその分やりがいはある仕事のため、はじめから自衛隊の薬剤師としての勤務を望む人も、途中で転職を希望する人達も少なくはないようです。

自衛隊の薬剤師の年収は、一般の薬剤師の年収よりも高めとなっており、平均年収は600万円程度と言われています。さらに自衛隊の薬剤師の場合は自衛隊の幹部候補生となるためにそれぞれに階級が与えられていて、頑張って階級を上げていくと平均年収よりもかなり高い待遇を受けることもできるようになっています。

このように自衛隊の薬剤師というのは非常に魅力のある国家公務員となり、頑張り次第は一般の薬剤師よりもかなり高い年収をもらえることにもなりますが、やはり特殊な職場である自衛隊ということで他の職場に比べると希望者は少なく、さらに実際に自衛隊の薬剤師になれる人というのも限られているそうです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.