ホスピスの薬剤師の年収

ホスピスの薬剤師の年収

ホスピスで働く薬剤師年収は、500万円前後が平均的な水準です。仕事内容としては薬局や老人ホームの場合とあまり変わらず、施設内の患者さんの容態に合わせて、医師の指導のもとに調剤を行なっていきます。しかし薬局や老人ホームよりも、急な対応を求められる機会が多いかもしれません残業が発生することもあり、その場合は残業代がつく分給料は上がるでしょう。病院内にホスピスがあるのか、独立した施設に勤務するのかによっても違いがありますが、勤続年数によって大きく給料が変動するということは少なく、大体はゆるやかに上昇していき、最終的には600万円前後の年収で働いていきます。

スキルによっては患者さんのためにできることが多く、また安心感を与える存在として重宝され、収入面でも厚遇されるかもしれません。ホスピスで働く薬剤師は、治療というよりも痛みのケアや症状緩和を重視していくことなりますから、その方面で薬剤の知識を活用していくことになります。たとえばがん患者の症状に精通し、一人ひとりにあった調剤を行なうスキルを身に着けていけば、患者さんにとっても施設側にとっても役に立てます。

副作用の影響にも精通しておかなければなりませんから難しいものですが、スキルを磨くことによって、だんだんとちょうど良い調剤ができるようになっていくでしょう。実際に患者さんと接することもあるかもしれませんから、コミュニケーション能力も必要です。ただ薬を出すだけではない働きができる薬剤師であれば、雇う側としても、少し高い給料を払ってでもつなぎとめておきたいと思われます。

ホスピスの場合は、一般の病院ではあまり見かけない症状に対応する能力も求められます。そして症状が突然変化することもありますから、夜勤対応も求められるかもしれません。そうした緊急時に対応できるかどうかも、年収面に反映されます。夜勤がある分給料は上がりますし、休日出勤などに対応できればそれも収入になります。

薬局勤務よりも自由は制限されるかもしれませんが、患者さんのケアのために働きたいという気持ちで勤める人は少なくありません。そして、一般の薬局よりも少し高い水準の給料をもらえますから、報いややりがいを感じることができるでしょう。また、がん患者やエイズ患者など難しい病気のケアに関わることができますから、他の薬剤師にはない知識が身に着いていきます。それは将来的に転職する際の好材料となるかもしれません。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.