保健所の薬剤師の年収

保健所の薬剤師の年収

薬剤師が働いているのは、調剤薬局、ドラックストア、病院、製薬会社の4つが主な職場ということになりますが、その他にも薬剤師が活躍できる職場はたくさんあって、その1つに保健所があります。薬剤師として市の保健所に勤務する場合は公務員ということになり、公務員として薬を扱うということになります。

このように保健所の薬剤師は公務員として勤務するということになるため、公務員として給料をもらうことになります。したがって保健所で働く薬剤師の年収は、一般の企業や病院などで働く薬剤師とは比較することは難しく、保健所で働く薬剤師の年収は、一般の公務員とほぼ同じだと考えて間違いはありません。公務員の年収は、薬剤師のように医療職に就いている場合と一般の行政職に就く場合とではほとんど変わりがないために、もし最初から公務員を目指している人の場合は特に薬剤師の資格を取ったからと言って給与面では各段得をすることにはならないということは認識しておいた方がいいかもしれません。

一般企業の薬剤師と保健所の薬剤師を比較した場合は、保健所の公務員の場合は公務員扱いとなるために、初任給は低くなるのが普通で、その後はキャリアに合わせて他の公務員同様に増加していきます。これに対してその他で働く薬剤師の場合は、最初から給与は高いけれどもある程度の年収になるとそれ以上はあがらないという傾向となっていて、薬剤師の中でも最初から製薬会社に就職した場合は、保健所の薬剤師のように最初は年収が低くてもキャリアを重ねる度に高年収になっていくので、この面では保健所の薬剤師と製薬会社で働く薬剤師は年収の上がり方は似ていると言えるでしょう。

しかし製薬会社の薬剤師の場合は、会社によっては年収が1000万円を超えるところも数多くありますが、保健所の薬剤師で年収が1000万円を超えることはないと言えるので、薬剤師になって高年収を求める場合は保健所の薬剤師はおすすめとはなりません。しかし保健所の薬剤師は公務員ということで安定性は抜群なので、一生安心して仕事を薬剤師として仕事をしたいという場合は、保健所はかなりおすすめの職場となります。

さらに保健所の薬剤師の場合は地方公務員なので、一般企業と比べて残業もほとんどなくとても働きやすい環境にあり、薬剤師として行う業務も地域住民の暮らしを守ることを目的としているために、やりがいを感じられるものとなっているのが大きな特徴となっています。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.