薬剤師年収の平均

薬剤師年収の平均

最近の医療は薬を使った化学療法による治療の発展・進歩が目覚しく、以前は不治の病とされた病気も、大手術を必要とした疾患も薬の力で治療する時代がきています。そのため薬のスペシャリストである薬剤師の重要性は高くありますが、特に現代の医療は各部門のスペシャリストが専門性を発揮し、患者さんを総合的角度からサポートする「チーム医療」が主流となってきている点から、薬剤師はより高い専門性とスキルを持ったプロフェッショナル性が求められています。

薬剤師の仕事は勤務する業種や職場によって幅のある職業ですが、薬の専門家として薬剤の調合や患者さんへ薬の説明や飲み方を指導する服薬指導が中心になります。また単に薬を調合したり服薬したりするだけでなく、薬が身体に与える影響や作用性など薬の機能や働きを把握し、管理していくことも求められる仕事です。 薬剤師の職場はこうした仕事を必要とする、病院、調剤薬局、ドラッグストアなどが主になりますが、製薬会社、治験、薬や化学品の研究機関、化学・化粧品・食品などのメーカー、というように病院や医療機関以外でも需要があり、活躍できるフィールドが広い職業です。医師や看護師など他の医療従事者にはない特色かもしれません。

そんな薬剤師の平均年収は平成22年度統計データから約518万円(賞与含む)、平均月収約37万円、平均時給約2,124円となっています。過去10年間をさかのぼってみても平均年収はほぼ安定して推移しています。同年の一般企業に勤めるサラリーマンの平均年収は約412万円でここ10年の間に約50万円、平均年収はダウンしています。薬剤師とサラリーマンの間には年収約100万円の差があり、給与に不動の安定性がうかがえます。  薬剤師の年収は勤務先によって異なりますが、主な勤務先となる調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社ともスタートは約400万円で、勤続3年目ぐらいから年収500万円台にのり、その後勤続年数や役職に就くことで変動してきます。高収入が見込まれるのは製薬会社で大手製薬会社、成果主義の営業職、優秀な研究者などでは年収800〜1,000万円、ドラッグストアの店長クラスになると年収700万円を超える収入があるようです。

 薬剤師は平均して高い年収と安定した収入が見込まれる職業です。高額年収の研究職などは採用が少なく非常に狭き門となりますが、調剤薬局やドラッグストア勤務では薬剤師としての専門性を発揮しつつ、安定した高い年収を得ることができるでしょう。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.