外資系企業の薬剤師の年収

外資系企業の薬剤師の年収

外資系企業というと、能力重視で成果主義で、ハイリスクハイリターンの仕事というイメージがあるかもしれません。これは薬剤師として働く場合もおおむね当てはまると言えるでしょう。外資系の製薬会社などに就職した場合、年功序列や安定した収入というのはほとんどないものです。

しかし、実力主義を良いものとして受け取められる人にとっては最高の環境と言えるでしょう。他の就職先で薬剤師年収が1000万円を超えるのはなかなか難しいものであすが、外資系企業であれば成果次第ということですから、しっかり結果を出していけば、1000万円以上の給料を得ていくことも良くあるものです。MRとしてであっても製剤開発であっても、自分の実力をいかんなく発揮したい、その結果を適正に評価してほしい、と思う人は外資系を目指してみましょう。

外資系企業の求人条件は、当人の持つ資格や経験が細かく指定されていることがあり、これによっても年収が違ってきます。開発経験を求めることもあれば、管理職経験や営業経験を必要としているかもしれません。そして外資系の大きな特徴として、英語力が必要とされることも多いものです。

上司とのコミュニケーションに必須だったり、MRであれば外国人医師を相手に働くこともあるでしょう。研究開発でも、チームの会話は英語だということもあります。英語力はそのまま収入にも比例していくとも言えますから、高い年収を目指している人は英語の勉強にも力を入れておきましょう。もちろん英語ができないと就職できるところがないというわけではありませんが、好条件の求人の応募条件には、TOEICの点数が含まれていることが多いのです。

成果主義ですから結果が出ないと失職の可能性もあります。しかし多くの外資系企業の雰囲気は、ギスギスしたり殺伐としたものではないようです。それぞれが実力を発揮できるよう、のびのびとした働きやすい環境が整っていることが多く、福利厚生もしっかりしている会社も多くあります。また女性も働きやすく、女性薬剤師が活躍できるところも多くあります。日系企業よりも女性が重要ポジションに抜擢される可能性が高く、女性でも高収入を目指せるということです。日系の会社で女性薬剤師が年収1000万円に達するのは稀なケースですが、外資系ならもっと可能性が高いと言えるでしょう。女性MRでも年収600〜700万円という求人はよくありますから、自信があってキャリアを積みたいと思っている人には良い就職先です。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.