ドラッグストアの薬剤師年収

ドラッグストアの薬剤師年収

薬剤師の勤務先は病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などが主になりますが、ドラッグストアで「薬剤師」とネームプレートをつけた人が働くシーンは珍しくありません。ドラッグストアなど医薬品の取扱い・販売を行う店舗には薬剤師を置かなければならないことが薬事法にて定められているため、必ず一人は勤務しているのですが、ドラッグストアでの勤務は薬剤師にとって製薬会社に次ぐ高収入を見込むことができる職場であり、管理薬剤師としてのキャリアアップを目指すことも可能です。

 ドラッグストアの薬剤師の仕事は非常に多岐にわたります。もちろん本業は薬剤師としての「お薬相談」になり、薬を買い求めに来たお客さんの症状や具合、アレルギーの有無などを聞き、そのお客さんに最も適している医薬品を紹介し、正しく服用することができるようわかりやすく説明する仕事が求められます。その他、医薬品の保管期間などを含めた品質管理、医薬品の陳列(医薬品の陳列方法は法律によって義務付けがあるため薬剤師の責務)、薬剤管理の帳簿や薬情チェックなどもあります。  またドラッグストアは商品を売って利益を得るお店として経営を成立たせていかなければならないため、顧客対応、在庫確認、商品発注、ポスターやチラシを店舗に貼って宣伝をうったり、ドラッグストアによってはお菓子や日用品など様々なものを売る店もあるため医薬品以外の品出しや管理も行わなければなりません。店長クラスや管理薬剤師のポジションともなればパート・アルバイトなどスタッフの勤怠管理、売上金の確認、クレーム対応、会議への出席なども仕事になってきます。

そんなドラッグストアの薬剤師年収は約400〜700万円が見込まれます。ドラッグストアの薬剤師年収・給与は一般的に調剤薬局や病院に勤務する薬剤師より手厚く、大手のドラッグストア(マツモトキヨシ、サンドラッグ、ツルハドラッグなど)や全国展開しているドラッグストアチェーンの店長クラスになると年収が700〜800万円を超えるところもあるようです。 薬剤師として以外に高収入を見込むことができるのがドラッグストアの薬剤師ですが、ドラッグストアの薬剤師は「お薬相談」など薬剤師本来の仕事以上に、本業とかけ離れた他の業務が多く、定着率が悪いのも現状です。病院や調剤薬局経験者がドラッグストアへ転職する場合は容易ですが、一度ドラッグストアに勤めてしまうとそこから病院や薬局を目指すことは非常に難しくなるなどのネガティブ要素もあるようです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.