独立行政法人の薬剤師の年収

独立行政法人の薬剤師の年収

独立行政法人という団体は全国に数えられないくらいあって、独立行政法人では様々な分野の仕事を行っていますが、独立行政法人で薬剤師を募集しているもので最も多いのは医療機関となっています。すなわち独立行政機関で働く薬剤師の多くは病院薬剤師をして働いているケースが多くなっています。

薬剤師の中でも最も人気がある職場が病院となっていて、現在売り手市場となっている薬剤師でも簡単に病院薬剤師になること難しいと言われています。しかし薬剤師の年収で見ると病院薬剤師は決して条件的に良いという訳ではなく、比較的簡単に就職可能となっている調剤薬局やドラックストアと比較すると病院薬剤師の年収の方が低くなっていて、さらに初任給に関しても病院薬剤師の方が数万円低いという結果となっています。その上経験のある薬剤師の場合は調剤薬局やドラックストアではいきなり年収で600万円以上もらえるところも多いのに対して、病院薬剤師でそれほどの年収をもらえるところはかなり少ないと言われています。

さらに薬剤師でも最も高い年収を稼ぐことが可能だと言われている製薬会社だと、1000万円以上の年収も十分に可能となっていますが、病院薬剤師で1000万円以上を稼ぐのはほとんど不可能だとされています。それでも病院薬剤師が人気なのは仕事にやりがいがあることと、仕事の安定性があるからで、特に独立行政法人が運営する医療機関であれば安定性はもちろん、薬剤師としてはかなりのやりがいを感じながら仕事ができる環境が整えられている職場が多くなっています。

独立行政法人が薬剤師を募集している案内を見ると、その多くが医療現場で働く医師や看護師やその他全ての医療スタッフがチームとして一丸となって高度な医療に取り組んでいるケースが多く、特に向上心が高くスキルアップを目指す薬剤師にとってはお金以上に魅力を感じられる職場が多くなっています。その上二の次である年収面においても、一般的な医療機関に比べると独立行政法人が運営する病院の場合は条件に恵まれている場合が多く、初任給からかなり条件が良い病院も多く、さらに将来的にキャリアが長くなってくると年収が600万円から800万円程度もらっている人も多くなり、やりがいもあって年収も満足いく職場が目立ちます。

このように病院薬剤師を目指す場合は独立行政法人が運営する医療機関をはじめから希望して探すようにすることで、一生を通して満足できる職場に就ける可能性が非常に高くなると言えるでしょう。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.