大学病院の薬剤師年収

大学病院の薬剤師年収

薬剤師は病院などの医療機関、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などが主な勤務先になりますが、全国に約25万人いる薬剤師のうち病院や医療機関に勤務する薬剤師が約2割弱を占めています。 病院でも大学病院という医療機関は、一般病院が病気を治す「診療」のための施設であるの対し、大学病院は「診療」の他、医学や医療技術の「研究」とスタッフ「教育」の3つの役割を担っています。医療技術、設備は最先端のものが揃い、そのため一般病院とは異なり、大学病院には一般病院では対応しきれなかった患者さん、他の病院では治療が難しい患者さんなど、稀な症例や難病など様々な症例の患者さんが訪れます。

薬剤師をはじめ医師、看護師、その他の医療従事者からすれば、大学病院での勤務は働きながら専門の研究部門や最新の医療設備・施設が整った環境で、高度な知識と技術を学ぶことができるメリットがあります。しかしながら大きな医療機関で医療の最先端での仕事になるため、勤務する側にも高い専門知識とスキル、向学心が必要になってきます。 患者さん側からすれば大学病院には教育的役割として学生や研修医も多く、臨床経験の浅い研修医が治療の担当をしたり、ベテラン医師の処置を若い医師や学生が見学したり、と研究段階の新しい治療を試す、いわば実験台にされることもあるので、大学病院だから最高の医療を受けることができる!という認識は改めておいた方が良いようです。

そんな大学病院の薬剤師年収は、他の一般病院に勤務する病院薬剤師とさほど大きな差はなく年収約400〜650万円です。場合によっては高収入もあるようですが病院勤務の薬剤師の場合、病院が大学云々に関わらず、勤務先病院によって給与・年収が異なるようです。

 大学病院の薬剤師も一般病院に勤務する病院薬剤師同様、当直や夜勤もあり最先端医療についていかなければならない部分では心身ともハードな職場であることは否めません。しかしながら、薬剤師にとって病院勤務は一番、薬剤師として学んだことを活かすことができる職場、薬剤師本来の仕事をできる職場です。看護師、臨床検査技師、栄養士など病院で働く他のコメディカルとの出会い、チーム医療の経験、患者さんの治療に携わることができるのはやはり病院です。  病院薬剤師は他の勤務先に比べて年収が低い傾向にありますが、年収や報酬に変えることのできない価値を見出せるフィールドもあるのです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.