クリニックの薬剤師の年収

クリニックの薬剤師の年収

薬剤師が働く主な職場には、調剤薬局やドラックストアや製薬会社の他にも病院がありますが、クリニックで働く薬剤師の場合は病院薬剤師ということになります。薬剤師の中には、はじめから病院薬剤師として働きたい人も多く、その中には大きな病院ではなくできればクリニックで働きたいと考えている人もたくさんいます。特に結婚をして子供がいる主婦の薬剤師の場合は、もともとは大きな病院の薬剤師として働いていたけれども、時間的にも自由が利くクリニックへの就職を希望する人が多くなっています。

病院とクリニックの違いが良く分からない人も多いと思いますが、病院は入院設備のベッドの数が20床以上ある場合で、クリニックは19床以下と法律で定められており、さらにクリニックになると医師や看護師の数の製薬も厳しくなく、わざわざ薬剤師を雇用しなくても医師が監督する下で調査することが認められているため、入院設備があるクリニックでもわざとベッドの数を少なくしてクリニックとして運営しているところも多いとのことです。

さらに現在では医薬分業が進んでいるために、クリニック自体で薬を調剤して渡すという行為自体が減っていて、クリニックで渡された処方箋を持って調剤薬局で薬をもらうというスタイルが一般的となってきています。しかし今でも調剤業務を行っているクリニックはあって、クリニックからの薬剤師の募集を探すことはできるようになっています。

病院薬剤師であるクリニックの薬剤師の年収は、調剤薬局やドラックストアや製薬会社の薬剤師と比較すると低めとなっている場合が多くなっています。しかし病院薬剤師であるクリニックの薬剤師の仕事というのは、調剤薬局で働く薬剤師よりも患者さんと直に接する機会が多いためとてもやりがいのあるものとなっていて、さらに医師や看護師とも毎日コミュニケーションを取ることになるので、その点でも非常に勉強になり、自然に幅広い知識が身に付くことになり、薬剤師としてスキルアップになるというところが非常に大きな特徴となっています。

このようにクリニックでは一般の病院と比べて時間が自由になり、さらにスキルアップにもなるということで人気のある職場ではありますが、やはり一番の問題は他の職場に比べて求人数が少ないということで、地域によっては病院薬剤師の募集はあってもクリニックの薬剤師の募集は全くなくて、欠員が出た時だけに募集が出るという場合も多くなっています。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.