調剤薬局の薬剤師年収

調剤薬局の薬剤師年収

薬のスペシャリストである薬剤師は全国に約25万人いますが、そのうち約半数は調剤薬局に勤務する薬剤師です。 調剤薬局とは医師からの処方箋をもとに薬を調剤し、患者さんに提供する薬局です。病院で診察を受け薬が処方される場合、以前は病院内にある「お薬受け取り所」で薬を受取っていましたが、最近は「医薬分業」で薬は調剤薬局で受取るのが一般的になりました。医薬分業では病院や診療所は医療行為に専念し、患者さんの症状や病気あわせて薬を作る調剤、薬の効果や副作用のリスク・注意点を伝える服薬指導、複数の薬を併用による薬効果への影響をチェックする薬歴管理など薬に関する専門的なことは薬剤師が担当し、医療全体の質の向上、安全で効率的な医療の提供を目指す考えがあります。こうした医薬分業において調剤薬局の重要性が高まっています。

 調剤薬局の薬剤師の仕事は、調剤と服薬指導が主な業務なります。  調剤は医師の処方箋通りに薬を正確且つ迅速に調製するだけでは不充分で、薬の有効性や安全性を確保するためには薬の副作用、併用している薬との相互作用、患者さんの体質やアレルギー歴、薬の服用状況などを把握した上で適確な薬を提供しなければなりません。記録との照会や、患者さんとコミュニケーションの中で常に有効性と安全性バランスを取ることが求められます。  調剤は薬の待ち時間を短縮するために調剤機器の導入やオンライン化が進んでいます。薬剤師自身に時間的余裕がある場合には、頻繁に出る風邪薬を予め準備したり、湿布などをよく出る枚数でまとめたり、薬を決まった袋に入れるなどいわゆる予製に努めます。その他、完全分包、ホチキス止め、投薬日の記入、色マジックによる区別、縦割り粉砕など、患者さんのこまかなニーズに合わせたカスタムメイド調剤も行います。

そんな調剤薬局の薬剤師年収は約400〜650万円です。調剤薬局の薬剤師は、製薬会社やドラッグストア勤務の薬剤師より年収はやや下がりますが、調剤や服薬指導といった薬剤師の本業をしながら安定した年収を見込むことができます。調剤薬局でも店長や管理薬剤師となった場合には約100〜300万円の年収UPを見込むことができるので、高収入を得る道はあるようです。  また調剤薬局では薬剤師1人当たりの平均処方箋処理量は約40枚、仕事内容を見ても体力的にハードな職場ではないため特に女性の薬剤師に調剤薬局は人気があります。

(「調剤薬局を中心に転職活動を進めてみたい!」という方はこちらも参考にしてみて下さい。希望のエリアや希望の待遇(年収)などをコンサルタントに伝えれば無料で転職支援をしてくれます。まずは初回の登録から進めてみましょう。)

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.