地方の薬剤師の年収

地方の薬剤師の年収

現在医療の現場ではほとんどが人手不足となっており、特に医師や看護師であれば全国どこに行っても仕事に溢れることはない状況となっています。以前は3Kなどとも呼ばれて辛くて汚い仕事の代名詞となっていた看護師の仕事も、今では国家資格を持っている立派な専門職として大人気となっています。そして同じく国家資格を持つ薬剤師の仕事も全国どこに行っても就職には困らない職業となっていて、薬剤師を目指す若者も多いというのが現実となっています。

薬剤師が働く職場は病院をはじめとした医療機関や調剤薬局やドラックストアや製薬会社など多岐に渡ってありますが、それぞれの職場によってもらえる年収には結構な違いがあります。さらにそればかりではなく、薬剤師はどこの地域で働くかによってもかなりの違いがあります。一般的には医師や看護師や薬剤師も全てが東京などの都会で働く方が給与は高いと言われていて、ほとんどはそれに当てはまりますが、しかし薬剤師に関して言うと必ずしも都会の方が地方より年収が高くなるとは言えない状況にあります。

薬剤師が働く場所は、前にも挙げた通りにたくさんありますが、地方に行くと薬剤師不足のために薬局の経営を維持できないという問題も出てきています。現在は以前と変わって法改正などの影響を受けて、薬剤師が常在していないと薬の販売ができないということとなっており、もともと薬剤師の人数が都会よりも不足している地方においては薬剤師がいないと今まで続けてきた薬局を閉める他ないという状況に迫られているところが非常に多く、それを防ぐためにかなりの高収入を提示して薬剤師を確保している薬局がたくさん見られます。

そのためその地域の年収相場に比べて薬剤師であればかなりかけ離れた高年収をもらえるというケースが目立ち、それもあって東京などの都会からUターン就職する人もかなり多く見られています。それと対比して東京などでは調剤薬局の薬剤師が余っている状態となっているので、田舎に戻って調剤薬局で働いてもいいと考えている人は一度検討してみるといいでしょう。

しかしこのような状況にある薬剤師の職場は、主に薬局や最近地方にもかなりの進出が目立つドラックストアなどだけで、病院などの医療機関で働く場合は地方に行くと、他の仕事と同様に年収が低くなるのが一般的となっており、さらにたとえ現在売り手市場の薬剤師だとしても、都会よりも働く場所が少ないという現実もあります。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.