病院薬剤師の年収

病院薬剤師の年収

病院薬剤師は病院に勤務し、主に病院に入院している患者さんのために薬の調剤や服薬指導を行う薬剤師です。病院薬剤師は、患者さんの病気や症状に合わせて薬を作る調剤と服薬指導をはじめ、病院で使用する医薬品の管理(品質、在庫、購入など)や医薬品の品質試験を行ったり、注射剤・点眼剤・軟膏剤などを調整する製剤の仕事、医薬品の有効性や副作用の情報を医師に伝えて質の高い薬物療法を行うサポート業務、治験や院内感染防止などの仕事を行います。

病院薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師のような一時的な対面対応というよりは、患者さんと向き合い服薬を通して病気を一緒に治していく要素の高いのが特徴です。 病院薬剤師は、看護師のように患者さんのカルテや検査値に目を通し、患者さんの症状や状態把握をすることも大切な業務のひとつで、薬や副作用の説明や飲み方の指導をする上ではコミュニケーションスキルを求められます。あるいは患者さんが処方箋通りに飲まない、または薬を飲めない場合、錠剤を粉にするとかどうしたら飲みやすくなるのかを考えるのも病院薬剤師の役目です。特に現代の医療は各部門のスペシャリストが専門性を発揮し、患者さんを総合的角度からサポートする「チーム医療」が主流となってきているため、病院薬剤師はより高い専門性とスキルを持ち薬のスペシャリストとしての役割が求められています。

そんな病院薬剤師の年収は約400〜600万円と勤務先病院による幅があります。また製薬会社やドラッグストアに勤務する薬剤師に比較すると初任給時は給与・年収が若干低い(年収300万円台、月給約18〜25万円)のが病院薬剤師です。病院薬剤師の年収差は病院規模によるところが大きいため大規模な病院や医療機関では高収入になるケースも少なくないようです。

 病院薬剤師の場合、病院は慢性的な人手不足が解消されず、薬剤師一人当たりの担当患者数が多く、当直や夜勤にかり出されることもしばしばあるようで、心身とも体力的にハードな仕事であることは否めません。しかしながら、看護師、臨床検査技師、栄養士、理学療法士など病院で働く他のコメディカルな人たちとの出会い、チーム医療の経験、患者さんの治療に対して医師へ進言、ミーティングや勉強会への参加など病院薬剤師ならではのやりがいと魅力は大いにある仕事です。年収や給与は仕事に対する対価であるため仕事をする上で大切な要素ではありますが、年収や報酬に変えることのできない価値を見出せるフィールドもあるのです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.