薬剤師年収<900万>

薬剤師年収<900万>

薬剤師という職業に就くには、現在では薬科大学で6年間勉強をしてその後国家試験の合格しなければいけないため、その分高収入を期待することもできます。薬剤師の平均年収はここ数年の動きでも、不景気な世の中だと言われている中でも上昇していて、500万円を超える数字となっています。薬剤師は女性も多い職場となっており、途中で結婚や出産のために職場を離れることが多い女性の場合でも平均年収場475万円程度となっていて、男性薬剤師だけで見ると600万円近い数字となっています。

薬剤師が働く職場は様々なものがありますが、薬剤師が働く主な職場は調剤医薬局、ドラックストア、病院、製薬会社となっていて、それぞれの年収は、調剤薬局では約400万円から650万円、ドラックストアでは約400万円から700万円、病院では約400万円から650万円、製薬会社では約400万円から800万円というような数字となっています。

薬剤師として最も多くの人が働いているのは調剤薬局やドラックストアで、特に近年は大手ドラックストアの全国展開が目立っていて、地方ではどこも薬剤師不足で悩まされている状況となっています。薬剤師で年収900万稼ぐことを目標とした場合には、このように人材確保が難しい地域の薬剤師として働くという手があります。

薬剤師は比較的給与面では恵まれているとは言っても、やはり年収900万円も稼ぐとなるとそれほどの年収を与えているところはなくて、それなりの職業に就くか、もしくは人手不足で困っているようなところを狙って就職する必要があります。大手製薬会社の営業などになればキャリアを積むと900万円もの年収を稼ぐことも十分に可能となっていますが、薬剤師が最も多く働く調剤薬局やドラックストアでは、管理薬剤師や店長クラスでもせいぜい700万円から800万円の年収となる場合がほとんどのため、はじめからほとんど誰も勤務を希望しないような僻地に勤務するというのも年収900万円をもらうためには良い方法となります。

900万円もの高年収を稼ぐことができる地域を探してみると、北海道や東北地方などの僻地もおすすめで、その他にも九州地方や離島などの薬剤師もおすすめとなります。しかしここで注意しなければいけないことは、僻地の薬剤師として勤務するということはそれなりの覚悟が必要となり、勤務して嫌になったからといって後任の薬剤師が見つからない限りは簡単には職場を離れられない場合も多く、さらには他に薬剤師がいなくてかなり多忙な職場も多いので、その点は勤務する前にきちんと把握して調査した上で仕事に就くようにして下さい。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.