薬剤師年収<800万>

薬剤師年収<800万>

平成22年度統計データによると薬剤師年収は約514万円、月給37万円ですが、薬剤師は勤務先や業種によって年収が大きく変わる場合が多く、平均年収を大きく上回る年収800万円、900万円、時に1,000万円に届く薬剤師もいます。特に管理薬剤師を兼ね、全国展開している大手ドラッグストアの店長、大手調剤薬局の薬局長、製薬会社で成果報酬型の営業職、辺ぴな地方や僻地勤務の薬剤師などは一般的に高額年収を得る薬剤師になります。年収800万円を得るわけですから当然、責務も大きく、常に薬剤師としての自己研鑽や薬剤師本来以外の業務もこなすことが求められ、仕事はそれなりにハードです。

薬剤師の年収推移は、どの業種も約400万円前後からスタートし、3〜5年のキャリアで年収500万円台に到達、その後は役職、勤続年数や経験、キャリアップをどう展開するかによって年収に差が出るようです。薬剤師年収のピークは40代〜50代でこの年代になると平均して年収が700〜750万円まで上がっているようです。

 日本の薬剤師はマネジメントクラスまで上って年収800〜900万円、大手製薬会社の営業として走り回りやっと年収1,000万円をつかんでいます。日本の薬剤師が必死に年収1,000万円を目指し、しかもここまで高年収を得る薬剤師はほんのひと握りですが、アメリカの薬剤師年収は800万円どころか、1,000万円クラスが一般的です。新人薬剤師で年収1,000万円!ということも珍しくないそうです。そこにはアメリカの医療保険制度や薬剤師の権限と社会的地位の高さがあります。

 アメリカには健康保険制度がないため、病気やケガは薬で治そうとする人が非常に多くいます。またアメリカの薬剤師は処方権を持ち、予防接種や健康管理に携わることもあるため、病気の人は薬剤師に症状を相談し適切な薬を売ってもらうのです。アメリカの薬剤師はほぼ内科医やかかりつけ医と同等の役割を果たし、当人も任務を果たすため医者並の努力と勉学を積んでいます。医師が書いた処方箋に基づき調剤しているだけの日本の薬剤師とはちょっと事情が違います。

 しかしここは日本。薬剤師はチーム医療の一員としての存在意義、治験という新しい職業分野、幅広いフィールドで活躍できる可能性がある仕事です。勤務先やキャリアアップによっては平均年収を大きく上回ることが見込める魅力も多いにあります!

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.