薬剤師年収<700万>

薬剤師年収<700万>

病気の患者さんに合わせて薬を調剤したり、薬の効果・副作用・注意点を説明する服薬の指導、「お薬相談」を行う薬剤師は薬に関する高い専門性と特別なスキルを持った職業です。そのため一般企業に勤めるサラリーマンに比較して年収は100〜200万円ほど多く高い収入を見込むことができる職業です。病気の治療や健康を守る仕事なので人や社会に対する貢献度も高くやりがいのある仕事です。

 平成22年度統計データによると薬剤師年収は約514万円、月給37万円となっていますが、薬剤師は勤務先や業種によって年収が大きく変わる場合が多く、年収700万円クラスになるとドラッグストアや薬局の店長クラス、調剤薬局などでも管理薬剤師のポジションに就く薬剤師の年収になります。店長クラスや薬局長になって年収700万円の対価を得ることは、年収相場からすれば良いのですが、高年収を得る店長や局長という立場・役職になることで、薬を作る調剤、服薬指導、薬理管理など薬剤師本来の仕事とはかけ離れた業務もこなしていかなければなりません。

 特にドラッグストアの店長や管理薬剤師の仕事は非常に多岐にわたります。もちろん薬剤師として「お薬相談」、医薬品の紹介し、薬の説明、医薬品の品質管理、医薬品の陳列(医薬品の陳列方法は法律によって義務付けがあるため薬剤師の責務)、薬剤管理の帳簿や薬情チェックなどの仕事もありますが、ドラッグストアや薬店は商品を売って利益を得、お店を経営していかなければならないため、顧客対応、在庫管理、商品発注、お店によってはお菓子や日用品など様々なものを売ることもあるため医薬品以外の品出しや管理も行わなければなりません。 店長クラスやマネジメントのポジションともなれば当然、パート・アルバイトなどスタッフの勤怠管理、売上金の確認、クレーム対応、会議への出席なども仕事の範囲に入ってきます。

 ドラッグストア勤務の薬剤師の場合、年収700万円、勤務する会社や頑張りによってはそれ以上の年収を見込むこともできますが、薬剤師としての仕事要素が少なく、病院や調剤薬局を経験した薬剤師がドラッグストアへ転職する場合は容易ですが、一度ドラッグストアに勤めてしまうとそこから病院や薬局を目指すことは非常に難しくなるというシビアな現状もあります。年収と職場・業務内容はよく見極めることが大切なようです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.