薬剤師年収<600万>

薬剤師年収<600万>

日本全国には約25万の薬剤師が実働しており、その主な勤務先は、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などで薬剤師の約50%が調剤薬局、約20%が病院に勤務しています。薬剤師の平均年収は平成22年度の統計データによると賞与を含め約514万円、月給にして約37万円となっています。薬剤師の主な勤務先で年収比較した場合、年収が高い順に製薬会社>ドラッグストア>調剤薬局>病院になります。製薬会社の成果報酬型の営業や高いスキルを持った研究者、ドラッグストア勤務でも管理薬剤師や全国展開する大手ドラッグストアチェーンの店長クラスともなると、薬剤師の平均年収を大きく上回り、年収800万円、900万円、中には1,000万円の高額年収を得る薬剤師もいます。

臨床に近く、薬や医療の知識とスキルを活かした本来の薬剤師の仕事ができる病院や調剤薬局の薬剤師年収は約400〜650万円で推移しており、その中で年収600万円を得られれば比較的高い年収の部類に入ります。 薬剤師の年収推移は、どの業種も約400万円前後からスタートし、3〜5年のキャリアで年収500万円台に到達し、その後は役職や経験、キャリアップをどう図るかによって年収に差が出ていくようです。年収のピーク時は男性の場合、40代後半から50代、女性の場合は30代後半もしくは50代後半で、ピーク時の平均年収は700〜750万円となっています。一般企業に勤務するサラリーマンの平均年収に比較すると常に100〜200万円の収入差があり、薬剤師の専門性、高いスキル、プロフェッショナル性に高い対価が払われていることが分かります。

 薬学部新設ラッシュで薬剤師需要は頭打ち…、国民医療費の財政圧迫で薬剤師の年収は上がらない…、などネガティブな意見が飛び交うものの、薬剤師は病気の患者さんの症状に合わせた薬の調剤、薬の効果や副作用、注意点を説明する服薬指導を行う薬のスペシャリストです。薬剤師は国家資格であり薬学と医療における専門性と高いスキルを持ち、人や社会に貢献できるプロフェッショナル性の高い職業です。  計算上、薬剤師の数は増加・飽和状態に見えますが、医療の進歩によって化学療法における薬剤師の重要性、新薬開発や治験業界における薬剤師の存在意義は高いものがあり、現代医療の主流となってきたチーム医療では薬の専門家として薬剤師を欠かすことはできません。人数が増えることで競争が激化し厳しい局面を避けることはできませんが、高い年収を得るにはブランド「薬剤師」を裏切ることのない薬剤師として真の力を身につけなければならない時代です。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.