60代(60歳〜)の薬剤師年収

60代(60歳〜)の薬剤師年収

60代(60歳〜)の薬剤師年収は平均で450万円〜500万円程度となっています。月給に換算すると30万円前後が平均、ボーナスは100万円〜150万円程度が平均です。この年齢になると定年に近づくので、全体的な収入が落ち込むことになります。

60代(60歳〜)の薬剤師は基本的には収入があるだけでもよしと思うべきです。というのも、求人に応募してもなかなか採用されないのが当たり前ですし、そもそも応募資格の年齢制限に引っかかることが多いからです。60代(60歳〜)の薬剤師を受け入れている求人はごく一部となります。しかし、近年は高齢の労働者が多いですし、薬剤師は国家資格なので、探そうと思えば必ずそういった求人を見つけることができるはずです。

職場によっては定年の年齢を引き上げていたり、定年後も働き続けることができる制度を設けていることがあります。その場合はかなりの年齢まで元の職場で薬剤師を続けることができるでしょう。ただし、定年以降の年齢になると給与を引き下げられることもあるので、そのあたりには注意しなければなりません。

定年後も高年収を狙い続けるなら経営者になるのが一番です。経営者であれば定年という概念自体がなくなりますし、自分が満足するだけ働き続けることができます。ただし、60代(60歳〜)という年齢で薬剤師の独立・開業を行うのはリスキーです。以前からプランを立てていたというのであれば別ですが、定年が近づいてきたからといって慌てて独立・開業のことを考えるのは行き当たりばったりといわざるをえません。そのため、独立・開業をするにしてもしないにしても定年後薬剤師として何をするべきかを事前に決めておくといいでしょう。

しかし、独立・開業で成功すれば定年前よりも多くの年収を得られる可能性があります。雇用の薬剤師の場合、管理職に就いて実績を出してようやく年収1,000万円を超えるようになりますが、独立・開業した薬剤師の場合は年収1,500万円以上いくことも珍しくありません。ただ、独立・開業して間もない頃はあまり自分の収入のことは考えない方がいいです。というのも、経営者になって最初にやるべきことは経営を安定させ、軌道に乗せることだからです。長く続けることができなければ、どれだけ多くの年収を得ていたとしても一時的なものにしかならず、あまり意味がありません。また労働者を雇っていた場合はその労働者を無職にさせてしまうので、その責任も意識しておく必要があります。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.