薬剤師年収<500万円>

薬剤師年収<500万円>

薬剤師は病気の患者さんの症状に合わせた薬の調剤、薬の効果・副作用・注意点を説明して服薬の指導、「お薬相談」を行う薬のスペシャリストです。薬剤師は国家資格であり薬学と医療における高い専門性とスキルを持ち、人や社会に貢献できる人気の高い職業です。 主な勤務先は病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社の他、治験会社、化学品・薬品の研究機関、化学品・化粧品・食品を製造販売するメーカーに勤務する薬剤師もいます。薬剤師の年収差はこの勤務先によるところが大きく、近年の薬剤師年収の平均は約500万円、月給35〜37万円となっています。年収500万円の薬剤師となると非常に平均的な年収を得ていることになります。

 薬剤師の勤務先として多い病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社で比較すると、年収が高いのは製薬会社>ドラッグストア>病院・調剤薬局の順で、年収500万円は製薬会社やドラッグストアに勤務する20代後半から30代前半の薬剤師年収、病院・調剤薬局の30代の薬剤師年収に該当します。薬剤師の年収はどの業種も約400万円前後からスタートし、勤続3〜5年で平均年収の500万円代に到達しますが、昇給は堅く微増程度の状態です。その後の年収は本人のキャリアアップやスキルアップによって変動するようです。製薬会社の営業職で成果報酬を得る薬剤師のケースでは30代、40代でも年収900〜1,000万円と高額年収の場合もあるようですが、一般的な病院勤務の薬剤師で年収500万円は相場と言えそうです。

 薬剤師年収の特長として言えるのは、薬剤師の本業に近い職場ほど年収は低く、薬剤師以外の業務が多いほど年収が高くなっていることが見えます。 例えば年収500万円で病院薬剤師の場合の仕事は、患者さんの病気や症状に合わせて薬を作る調剤や服薬指導をはじめ、病院で使用する医薬品の管理(品質、在庫、購入など)、医薬品の品質試験、注射剤・点滴剤・軟膏剤など製剤の仕事、医師と共に患者さんにより良い薬物療法のポートを行うなど、薬と医療に密接に関わる業務です。薬剤師としての知識を活かせる職場です。 一方、年収800万円を得るドラッグストア店長クラスの薬剤師の仕事は、医薬品の紹介、医薬品の陳列、薬情の確認など薬に関する業務もほどほどに、商品を売って利益を得、経営を成立たせるために、顧客対応、在庫確認、商品発注、スタッフの勤怠管理、売上金の確認、クレーム対応、なども仕事の範囲となってきます。 薬剤師は活躍できる分野が広い分、職務経験や勤続年数に限らず、業種が年収を左右する部分も大きいようです。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.