50代(50〜59歳)の薬剤師年収

50代(50〜59歳)の薬剤師年収

50代(50〜59歳)の薬剤師年収は平均だと670万円〜700万円程度になっています。50代を50〜54歳、55〜59歳の2つに区切ると、前者の薬剤師平均年収は680万円〜730万円、後者の薬剤師平均年収は650万円〜700万円ほどです。月給やボーナスに換算すると、前者の平均は月給45万円前後、ボーナス175万円〜180万円、後者の平均は月給40万円〜45万円、ボーナス170万円前後となります。

50代(50〜59歳)の薬剤師年収で特徴的なのはまず全年代中で最も高額の収入を得ていることです。なぜ高額の収入を得られるかというと、50代の薬剤師はそれまで築き上げてきた経験や技術が最高に評価される時期だからです。特に20代から薬剤師として活躍している人の場合、30年ものキャリアがあるので、それだけ多くの昇給や昇進のチャンスに恵まれることになります。

50代(50〜59歳)の薬剤師年収のもうひとつの特徴としてあげられるのは後半の55〜59歳よりも、前半の50〜54歳の年齢の方が全体的な平均収入が高いことです。20代、30代、40代の薬剤師の場合、年齢が高ければ高いほど年収もそれに応じて上がる法則がありますが、50代(50〜59歳)に関してはその法則が逆転することになります。これはなぜかというと、このあたりの年代の薬剤師になると給与アップのチャンスがほぼなくなってくるからです。給与が上がりにくい分、平均年収が下がり目になるのは当然の結果といわざるをえません。

しかしそれだけに50代(50〜59歳)の薬剤師年収は大きな格差が生まれにくくなります。20代〜40代の薬剤師は働く施設によって年収が全然違うということもありえますが、50代(50〜59歳)の薬剤師になるとどのような施設でもある程度似た年収になってきます。もっとも、若い頃から高年収を得ていた方が生涯賃金は高くなるので、生涯賃金を高くしたければ製薬会社やドラッグストアなどの好待遇の職場を選んだ方がいいでしょう。

50代(50〜59歳)で独立・開業する薬剤師もいますが、この年齢からの独立・開業は少々リスクがともないます。メリットとしては定年後も働けることがあげられます。経営が軌道に乗れば年収1,000万円、2000万円といった高年収も可能です。そのかわり、経営がうまくいかなかった時は借金が残る可能性もあるので、よく考えてから独立・開業する必要があります。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.