40代(40〜49歳)の薬剤師年収

40代(40〜49歳)の薬剤師年収

40代(40〜49歳)の薬剤師年収は平均で600万円〜650万円程度となっています。さらに細かく分けた場合、40〜44歳なら平均年収570万円〜620万円、45〜49歳なら平均年収630万円〜680万円となります。月給、ボーナスについては40〜44歳は月給平均35万円〜40万円、ボーナス平均145万円〜150万円で、45〜49歳は月給平均40万円〜45万円、ボーナス平均165万円〜170万円です。

この年代は男性ならどんどん稼ぐことができますが、女性の場合、パート・アルバイト、契約社員の雇用が多くなるため、平均年収が低めになります。もちろん女性でも正社員を長年続けている人であれば男性と負けないくらいの高年収も可能です。女性は男性よりもプライベートで時間を割かれることが多いだけにライフスタイルに応じた働き方をしつつ、高年収を目指すのが一般的になります。

40代の薬剤師に期待されるのはスキル面です。何歳の頃に薬剤師になったかで変わってきますが、20代、30代と、長い経験を積んできた人が多いので、スキルが高いのが当たり前という状況でしょう。順調にスキル面を磨いてきた人であればかなりの昇給や昇進を受けているでしょうし、転職にするにしても即戦力として活躍することができるはずです。いずれにせよスキル面が優れていれば優れているほど年収に影響を与えてきます。

十分に実務経験を積んできた人であれば40代という年齢はちょうど管理職に転向する機会といえます。20代、30代の薬剤師でも管理職になることはできますが、やはり店舗のリーダーを任せるにはある程度年齢がいっていた方が安心です。もちろん管理職は特別な手当がつくので、普通の薬剤師よりも年収を高めることができます。ただし、それにともなう責任が生まれることも意識しなければなりません。

また都心で薬剤師をしていたのであれば、地方に行ってみるのもひとつの手段です。地方によっては薬剤師の人材が不足しているところもあるのですが、そういったところの施設に転職できれば都心よりも年収が高くなることがあります。人材が飽和している職場で働いている場合は一度検討してみるといいでしょう。また野心があれば、独立・開業で経営者としての道に進むのも有効な判断です。なにしろ経営者として成功すれば雇われの薬剤師とは比べ物にならないくらいの年収を得ることができます。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.