30代(30〜39歳)の薬剤師年収

30代(30〜39歳)の薬剤師年収

30代(30〜39歳)の薬剤師年収は平均で450万円〜530万円となっています。もう少し細かく区切ると30歳〜34歳は平均年収420万円〜470万円、35歳〜39歳は平均年収500万円〜550万円になります。月給とボーナスに換算すると30歳〜34歳は月給平均27万円〜32万円、ボーナス平均110万円〜115万円で、35歳〜39歳は月給平均30万円〜35万円、ボーナス平均130万円〜135万円というようになります。

いずれにしてもかなり高水準の収入となりますが、それまでの経験やスキルによって年収が大きく変わることは知っておく必要があるでしょう。特に30代の薬剤師年収は20代の時にどのようなキャリアを積んできたかが重要なポイントになります。

たとえば20代のうちにどのような資格を取得してきたかということがあげられます。資格を取得すると資格手当がつきますし、その資格を持っていなければ携わることのできない業務というものがあるので、年収は自然と上がります。

具体的には認定薬剤師、専門薬剤師の資格があげられます。これは薬剤師の業務を細分化してより専門的にするための資格です。所定の研修を受ければ取得することができるので、20代のうちに取得できれば最高ですし、30代になってからでも積極的にチャレンジするべきです。

注意点は取得した認定薬剤師、専門薬剤師の領域における業務を行う職場を選ばなければならないということです。たとえばせっかく資格を取得したとしてもそれを業務に生かせなければ職場に貢献することができず、年収もあまり上がりません。そのため、自分が働く場所と所有資格の相性はきっちりと考えておく必要があります。

また30代の薬剤師ともなれば管理薬剤師を目指せる年齢でもあります。厳密には薬剤師資格を取得していて、なおかつ実務経験が3年以上あれば管理薬剤師になれるので、20代でもギリギリなることができますが、実際にはなかなか機会がないはずです。管理薬剤師になれば役職手当がつき、その分だけ年収が上がることになります。一般の薬剤師とは違い、経営にもいくらか携われるポストなので、そういった方面に興味がある人にも向いています。

ただし、役職がつくぶん、一般の薬剤師よりも忙しくなることに気をつける必要があります。慣れるまでは仕方ありませんが、徐々に仕事をこなす効率をよくしていかなければ、たとえ年収が高くても忙しすぎて割に合わないという状況になってしまいます。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.