20代(〜29歳)の薬剤師年収

20代(〜29歳)の薬剤師年収

20代(〜29歳)の薬剤師年収は平均で350万円〜400万円ほどです。20歳〜24歳の男性の場合、280万円〜330万円が平均年収になり、25歳〜29歳の男性は400万円〜450万円が平均年収になります。女性は20歳〜24歳で平均年収300万円〜350万円、25歳〜29歳で平均年収390万円〜440万円となります。このように20代の薬剤師は男性と女性でそれほど差がありません。しかも若い年齢の場合、女性の方が平均年収は高めになるので、女性でも積極的に働ける業界といえます。

これから20代で薬剤師の転職を考えている人であれば、上記の平均年収を参考にするといいでしょう。現在働いている職場の年収、転職先の職場の年収と平均年収を比べることで、自分がどれだけこの業界で稼いでいるかを確認することができます。自分の年収に納得いかなければさらに条件のいい会社への転職を考えるのもいいですし、自分の年収に納得がいけば転職するべきかどうかを考え直すこともできます。

時給で換算すると20代の薬剤師は1300円〜1800円あたりで稼いでいることになります。もちろん年収や時給は年齢を重ねたり、経験を積むことでどんどん上げていくことができます。30代、40代、50代ともなれば20代の時とは比べものにならないくらいの収入になっているはずです。ただし、異業種転職や育休・産休などで薬剤師の業界から離れた場合は別です。その場合は薬剤師業界から離れている間、キャリアが空白となるので、薬剤師業界に戻ったとしてもまたこつこつとキャリアを積み上げていかなければなりません。

また独立・開業する場合もそれまでの経験や年齢の積み重ねが直接年収にあらわれなくなります。ではどのようにして年収が決まるかというと、実力勝負であり、開業した施設の売り上げに大きく左右されることになります。順調に売り上げを伸ばすことができれば、自分の年齢の薬剤師平均年収をはるかに超える年収を手にすることも可能です。

20代の薬剤師が年収を上げていくには同じ職場でこつこつと働くのが基本となりますが、中には短期の仕事を集中的に行うワークスタイルの人も存在します。20代という若い薬剤師なら求人に採用されやすいですし、短期の仕事の中には高収入のものも多いので、一時的には同じ職場でこつこつと働く薬剤師よりも高年収になる可能性があります。しかし、長い目で見れば同じ職場でこつこつと働く方が安定して高年収を狙うことができます。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる

薬剤師年収トップ

薬剤師求人サイト

薬剤師年収の基礎情報

勤務先別の薬剤師年収

地域別の薬剤師年収

金額別の薬剤師年収

年齢別の薬剤師年収


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.