薬剤師年収<1000万>

薬剤師年収<1000万>

薬剤師の全国の平均年収は年々上昇傾向にあって、現在の平均年収はおおよそ520万円程度となっています。しかしこの数字はあくまでも全ての薬剤師の平均で、さらに男女合わせた数字となっており、男性の薬剤師だけで見るとすでに平均年収はほぼ600万円という数字になっています。さらに働く職場やキャリアによっては女性の薬剤師でも年収700万円や800万円もらっている人はかなり多くいて、やはり専門職である薬剤師は給与面でも待遇が良いことが分かると思います。しかし薬剤師で年収1000万円以上もらっている人いるかと言えば、実際年収1000万円を軽く超えている人も存在はしますが、それほど多くの数ではないことは確かです。

薬剤師として年収1000万円を超える代表的な職場と言えば製薬会社の営業です。しかし製薬会社の営業になれば必ず年収1000万円を稼ぐことができるかというとそうではなく、勤務する会社や営業マンの手腕によってもらえる年収は大きく異なってきます。さらに製薬会社の営業の場合は、入社してしばらくは他の調剤薬局やドラックストアなどの薬剤師と比較するとかなり年収は低くなるケースがほとんどで、調剤薬局やドラックストアでは大抵の場合は最初から年収が400万円以上もらえるようになっていて、ケースによっては経験がなくても600万円もの年収をもらえることもありますが、製薬会社の新入社員の年収は300万円程度のところがほとんどとなっています。

しかし製薬会社の営業の場合は、その後経験を積み重ねると年収が跳ね上がり、30代を超える頃になると簡単に調剤薬局の薬剤師の年収を上回ることになります。これに対して調剤薬局やドラックストアの薬剤師は、最初から年収が高くても途中で頭打ちとなり、ずっとそのままの年収がキープされるのが特徴となっています。

しかしだからと言って、製薬会社以外の薬剤師で年収1000万円を稼ぐことは不可能かと言えばそうではなく、調剤薬局に勤務する薬剤師の場合でも誰も勤務したがらない僻地の場合はそれほどのキャリアがなくても年収1000万円をもらえるところもあります。その他にもいろいろな分野で長年のキャリアを積んだ薬剤師であれば1000万円を超える年収をもらっている人はたくさん存在しています。

たとえば厚生労働省で働く薬剤師は国家公務員となるので、それなりのキャリアを積むと1000万円の年収はもらえることになり、薬科大学の教授などの場合でも年収1000万円を軽く超える年収をもらっている人も数多く存在します。その他にも治験企業で働く治験コーディネーターでもキャリアを積むと1000万円を超える年収をもらえることもあり、多くの職場ではそれなりのキャリアや結果を出した薬剤師には高年収が与えられているケースが見られます。

(※)薬剤師の方で年収アップをお考えの方は、リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師の年収アップサポートサイトに登録されてみて下さい。薬剤師の年収は雇用先に恵まれるかどうかで大きく変わります。同じスキルでも2倍程度年収が変わることもあります。。まずは1分で完了する初回登録からお進みください。

薬剤師年収アップランキング!人気の薬剤師求人サイトを掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>TOPページで「薬剤師求人サイトランキング」2位以下のを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師年収アップランキング(※人気の薬剤師求人サイトを掲載中!) All Rights Reserved.